通路を、生きる。

いつもの散髪屋に行く途中、自分の前を人が何人も歩いていくので、きっとこれは駅に向かっている人たちなのだろう、こんなに一度にたくさん、自分と同じ散髪屋に向かっていることはないだろうと思っていた。ところがその人たちはみんな、ぼくが目指していた…

もうそろそろ、いいのではないのだろうか。

ぼくは本来、まったく周りが見えていなくて、自分の関心のあることだけに集中していたい人間なのだが、仕事をし始めてからもう二十年近く、まるでそうではないフリをして生きてきたように思う。自分に対してフェアな言い方をするならば、そうならないように…

ぼくは自分らしく、生きてきたかなあ。

ふと、これまでの人生の中で、自分は自分らしいな、と思えていた時期はいつだろう、と思った。まずもって、幼稚園や小学校の頃に、そういうことを考えていなかったかというと、そんなことは決してない。 いつも「自分はほんとはこうじゃないんだけどな」「も…

やりたいことをやる、というのはなかなか大変なことだった。

やりたいことをやるって難しい 今年は、これまでやりたいと思ってきた色々なことに、思う存分、取り組むことができた年だったと思う。 もちろん、これがなければもっとやれたはずなのにとか、あれが邪魔しなければもっと先に進めたはずなのにかとか、思わな…

内発的に生きているのか、外発的に生きているのか。

ta-nishi.hatenablog.com たにしさん(id:Ta-nishi)のこの記事を読んで、なるほどなあと思った。 ちょうどぼくも「内発的動機」というテーマについて考えていたタイミングだった。「内発的動機」とは、興味とか探求心のように、人の内側からの要因によって…

感じる時間を、つくる。

ぼくはとても感覚的な人間である。しかし、それをつい隠して、まるで論理についても理解があるようなフリをしてしまう。 そのうち、自分自身もそうやって自分を偽っていること自体を忘れてしまう。今週、いくつかのことをきっかけに、自分の正体について思い…

中年の危機を乗り越えて、あらためて思うこと。

30代後半の頃。 あれほど、人生について悩み続けていた時期はなかった。今になって振り返れば、30代という体力も気力も十分に残っている時期に、なんであんなに悶々と悩んで身動きが取れなかったのかと思うと、ちょっと惜しいことをしたなあとも思う。 思う…

2020年から、新しい人生を生きている。

何度か書いている話だが、ぼくは、あの2020年の感染症が拡大した時期(あの頃のことを後世の人はなんと呼ぶのだろう。けっこう気になる)から、これまでとはまったく違う、新しい人生を生きる、と決めた。具体的には、とにかく以前からやりたかったことに徹…

偶然は、きらいですか。

昨日、山奥でキャンプ場を運営している方から話をうかがった際、「偶然、何か面白いことが起こる」というのを大事にしている、とおっしゃっていたのが印象的だった。何日間も同じ場所に滞在していると、そこで予定していたこととは違う面白いことが起こる。 …

「何のため?」からの、解放。

先日、合気道の稽古中に「あ、この感じ、なつかしくて、楽しい、この感触って何だろう…」と思う瞬間があった。冷房も効かない古い道場なのでじっとしているだけで暑いし、年季の入った畳は石のように固いし、おまけに年のせいで稽古する前から体はあちこち痛…

変わるのはなかなか、むずかしい。

しばらく、ひどく忙しかったし、疲れていた。何がそんなに疲れたのかというと、お金を稼ぐゲームに巻きこまれていたのだと思う。 巻きこまれていた、というとずいぶん被害者ぶった言い方だ。 自分から巻きこまれにいっていた、と言ったほうがいいかもしれな…

世の中はよくなっていると、少なくともぼくは思う。

外出することが当たり前の世の中が戻ってきて、それなりの時間が経つ。朝の電車は満員だし、観光に来る外国人もたくさん見かけるようになった。 一方で、ぼくの周りではオンラインでの会議は完全に浸透した感じがあり、オンライン、オフライン含めて、一日の…

サックスブルーの思い出

「君のことはねえ、全然、心配してない」師匠はそう言って、目を大きく開き、こちらをぐっと見つめてきた。 瞳の色は同年代の人たちのように薄くなってきているが、いまだ光は力を失っておらず、スキがあれば相手を飲み込んでしまいそうな目だった。 私はな…

見えないメロディと聴こえない雲

目には見えないものや、耳では聴こえない音について考えているんです、と彼女は言った。ほおん、そりゃずいぶん哲学的だねえと私は感想を伝え、相手に対して敵意がないことを表明しようとした。 そんな難しいテーマなら、今日や明日で解決するようなことじゃ…

どうでもいいことについて話せる場所は、ありますか。

■ SNSで話をするのは難しいまたTwitterのニュースを見かけた。 今度は長く利用されていない休眠アカウントを削除していくそうだ。 色々と不安定だなあと思う。 だけど、Twitterだけでなく、ぼくらの生活はもはやSNSなしには成立しづらい状況だ。ところで、そ…

感じて、生きる。

朝、久しぶりに近くの公園を歩いてみたら、緑は思った以上に生い茂っていて、大きな虫も小さな虫もめいめいの羽音を響かせてぶんぶんと飛び回っていて、すっかり騒がしくなっていた。 命が一気に暴れ出している。 そうなると、これまでの静けさが恋しい気も…

山菜の苦み、人生のうまみ。

これはあくまでぼくの場合の話に限るのだが、これまで、何かができないとき、できない理由についてばかり考えてきたなあと思う。それはそれである程度は大事なのだが、あまりそればかり考えていると、自分が「できない」ことを正当化する作業にしかならない…

もういいんじゃないかな、と思うこと。

・毎年、4月は調子がよくない。入学、クラス替え、就職、部署異動、こういう時は、新しい環境に早くなじもうとして、いつも気持ちばかりあせってしまって上すべりする。 ただ今回はそういう感じはあまりなくて、わりと落ち着いた気持ちでいる。 というよりも…

一年間、よくあそんだなあ。

そろそろ新年度ということで、ちょっと仕事のことを振り返ってみると、いやあ本当によくがんばったなあと思う。最初は色々とひどい目にあって、腹が煮えくり返りそうになったけど、いや、こんなことにとらわれていたら前に進めないと思って、できるだけその…

できること以上のことを考えても、今はしかたない。

・今週は、他の地域に行って仕事したり、大阪でイベントを開いたり、新しい試みをはじめたり、とにかく色んなことに取り組めた一週間だった。・たくさんの人たちの気持ちに支えられているなと実感して、本当にありがたい毎日だ。・にも関わらず、モヤっとす…

最短で最小の労力で確実に最大の成果を得なければいけない時代に、求められていること。

前回「あそび」ということについて書いたら、ちょうどシロクマ先生(id:p-shirokuma)も「遊び」について書いておられた。 ところが社会の生産性が高まると同時に誰もがクオリティ高く、私たち自身に期待される商品価値も高まっていくにつれて、私たち自身も…

バカバカしい!!オレはいまあそぶぞ!!!

小島アジコさん(id:orangestar)のこのエントリを読んで、アジコさんが描く「はてなブックマークの公式キャラクター」をぜひ見てみたいなあと思うと同時に、いやあ本当に「遊び」がないなあ…と思った。 orangestar.hatenadiary.jpアジコさんは、こうおっし…

うまくいかないのは、うまくいかないと思っているから。

・たった3日くらいのあいだに、うまくいかなくて落ちこむ日と、そこから急浮上する日と、そのあいだぐらいの日があって、3日でもそんなもんなのだから、もっと長いあいだ調子が悪いときがある、というのもしかたないよな、と思ったりする。・調子が良いと…

アイデアが自分のものになるには、思っている以上に時間がかかる。

今日は午前中は全然仕事をする気になれず、これは変に抵抗してダラダラとした時間をすごしてもしかたない、と思って、確認するべきことだけ確認してから、ちゃんと休むことにした。 午後すぐにあった打ち合わせでもまだぼんやりしていたが、そのあとじわじわ…

アドレナリンを、あなどるな。

今日は朝から合気道の稽古があって、子どもが先に道場に向かったのを自転車で追いかけているあいだに、ふと、最近は色々とやることがありすぎて大変だが、子育てが終わったら誰にも相手にされなくなるのかなあとか考えごとをしていたら、まちがった道を進ん…

努力は、嫌いじゃない。

・ここのところ、神経を使う仕事が続いているせいか、子どもを寝かしていたら自分が寝てしまって、真夜中に目が覚めた。そのままもう一度寝てしまえばよかったのだが、なんとなくぼんやりと起きていて、ふと、一人ぼっちだなと感じた。妻も子どもたちも眠っ…

これからは、何の時代なのか。

・fktackさん(id:fktack)からトラックバックをもらったので、何かちょっとだけ書こうかなという気になった。 fktack.hatenablog.jp・トラックバックという言葉は今、わざと使った。ぼくは、はてなダイアリーではなく、はてなブログになってから入植してき…

読まないこととか、読むこととか。

最近、一つのことについて深めていくような書き方をする気になれないので、今日も箇条書き。・親しい同僚から、いぬじんさんは最近すっかり言うことが変わったと言われた。目の前の目標や具体的な活動についてばかり話すようになったらしい。これまでのぼく…

ぼくの空は、美しい。

最近、色々と感じること。 ・空がきれいだなと思うことが増えた。特に暮れかけの空のたくさんの色が入り混じった様子を見ていると、なんて美しいんだろうと思う。働きはじめてから、夕方に空を見上げることがほとんどなくなっていたけど、最近はよく空を見る…

もっと、ぼうっとしたい。

ぼうっとしていることが減ったな、と思う。年を取ると、いつも体のどこかがが痛い。どこも痛くない、という日はほとんどない。たぶんそのせいで、ぼうっとしようとしても、痛みのほうが気になってしまって、それを緩和する方法について考え始めてしまう。あ…