同じ会社で長く働くのは、悪いことなのだろうか。

自分が若い頃、年を取った人たちとどんな風に付き合っていたのかを思い出していた。

 

なんというか、今までは年を取った人への尊敬の念、といったものが貨幣のように流通し、それなりに機能していたような気がする。

当時は年を取れば誰でも管理職にはなれた。

専任部長とか、なんとかディレクターとかいう便利な肩書きがあって、実際は平社員と何も変わりはない仕事をしていても、なんとなく偉い人というイメージをまとうことができ、また、後輩たちにしょっちゅう食事をおごることができるぐらいの手当もついていた。

だからぼくらは、この先輩は訳あってラインからは外れているけど本当はすごい人なんだ、という尊敬の念を持つことができた。

また、本人も若い人たちから一目置かれているからにはちょっといいところを見せなくちゃ、と思ってがんばってかっこつけようとしていたようにも思う。

 

あと、長いあいだ同じ会社で働き続けることにも、良いことは色々あった気がする。

たとえば、ずっと同じ会社にいると、社内の人たちの性格や好き嫌い、得意不得意、趣味、人間関係など、深いところまで詳しくなる。

だから昔は、こういうことを知ってる人いない?と近くの人に聞くと、誰かがすぐに教えてくれた。

もちろん、それがまったく的外れな場合もけっこうあるのだけど、それでも何人かを中継しているうちにすぐにお目当ての情報にたどり着くことがほとんどだった。

 

それから、なんというか、性格が厚かましくなった気がする。

仕事をしているとどうしてもうまく嚙み合わなかったり、何かが原因でケンカしたりして遺恨が残ってしまう関係、というものができてしまう。

しかし同じ職場で働き続ける以上、気まずい関係の相手ともまたタッグを組まないといけない状況になる(おまけにそういう相手に限って、自分の仕事にとってすごく重要な役割を担っていたりするもんだ)。

ぼくははじめそういうのがとても苦手だったのだが、気がつくと、どれだけ大ゲンカしたことのある相手でも、仕事だもんなと深呼吸して気持ちを切り替え、満面の笑みで自分から近づきに行く。

そうすると、まあほとんどの人は、心の底では何を思っているかはわからないけれども、苦笑いしながら受け入れてくれることがほとんどだ。

そうやって、長いあいだ同じ職場にいつづけることで、ぼくの面の皮はどんどん分厚くなっていったし、まあそれはそんなに悪くないことのように感じる。

 

あとは、同じ会社にいると、とにかく色んな仕事をたらい回しにされるので、自分の会社がどのように動いているのかについても全体像が見えるようになるし、仕事に対して気が長くなったように思う。

若い頃は、何か目の前の壁にぶつかると、これを乗り越えられなかったら人生終わりだ、というぐらい思いつめていた。

今も、もちろん心中は穏やかでないものの、でもまあ長い目で見ればそのうち解決するだろうとか、解決しなかったとしても死にゃあせんしな、とかどこかで思っている。

たしかに若い頃と比べて、仕事の内容はめまぐるしく変わったけれども、根本的なことは同じだし、起こりうるトラブルや問題もけっこう似ている。

だから自分の置かれた状況を割と広い視野で見れている気がする。

というのも、仕事とまったく関係ないことだと、ぼくはすぐにトラブルに陥るとパニックになるし、焦って大声を出したり、やたらくよくよしたりするので。

やっぱり一つのことを長くやるのはそれなりに良いことはあるのだ。

 

書いているうちに、会社で長く働くことの良さを必死に主張するオワコン社員の叫びみたいになってきた。

まあそうだとしても、同じ会社で何十年も働くことはそんなに悪いことじゃないように思う。

どうも最近は社員は45歳までしか面倒を見れないとか、さっさと会社を出てスタートアップを作るべきとか、そういうことも言われているようだけど、その年齢に達するまで働いてきた人たちは本当にお荷物なのだろうか。

年を取った人はただ年を取っているというだけで尊敬され、仲の悪い人同士でもいざ仕事となれば作り笑顔で握手をするぐらいのタフさを持ち、トラブルや問題に出くわした時には年長者が、大丈夫、なんとかなるさとニヤっと笑うだけで若い人たちがほっと胸をなでおろせる。

そういう職場は不要なのだろうか。

 

 

 

もちろん、必要だと確信して書いているのだけれども。

人生という、弁当。

narushima1977さんの「50代の人が何を考えているか知りたい」という問いに、もうすぐ50歳を迎えるfujiponさんが答えていて、とても面白かった。
narushima1977.hatenablog.com
fujipon.hatenablog.com

こういう話になるとふと思うのは、定年退職をしていった先輩たちのことだ。
もちろん、定年を迎えてもさっさと次の仕事を作ったり、大学の先生などをやって、ますます精力的に活動する人もたくさんいる。
だが、現役時はトップクリエイターだった人が引退したあとはとても静かな暮らしをしていたり、家にこもってゲームばかりして妻に叱られていたりするのを見ていると、ああ仕事なんてそんなものなんだな、と思う。
そのポジションから一歩卒業してしまえば、本当にただの人なのだ。

どんなにすごい人でも年を取るし、いつかは引退する。
あるいは引退しないまま寿命を迎える人もいるが、それもある種の引退だ。
そう考えると、「未来のために今努力すること」は本当に良いことなのだろうか、と思う。
もちろん、若くて元気でたっぷり時間のある人たちはそれでいい。
でも年を取って、体は十分には動かないし、集中力も弱ってきたし、人生の残り時間も減ってくると、未来のために今という時間を犠牲にするという生き方はちょっと違うよなあ、と感じる。

少し前までは「自分に残された時間は少ない」と思うことは「だからこの一日を後悔しないように頑張って生きよう」という考えにつながっていた。
その考えには今でも共感する部分はあるけれど、最近は、残された時間が少ないからこそ、その時間をじっくり味わいたい、というほうが近い気がする。
頑張るとか努力するとかではなく、頑張れなかった時間も、ぼんやりしていた時間も、どれも自分であって、それらを全部ちゃんと味わいたい、という感じ。

どれだけ未来のために必死に努力しても絶対に報われないこと、というのはある。
また、色んな事情でこれまでのように努力をし続けることが困難になることもある。
今はトップクリエイターとして光り輝いている人にも、いつか日の沈む時はやってくる。
もっと言えば、年齢など関係なく、誰にもそういう時は突然訪れる。

人生には、そういう事態も十分に内容物として含まれていて、その配分が人によって違うだけだ。
ぼくらはそれぞれに違う幕の内弁当を渡されている。
やたら米ばかりが多いものもあれば、肉の量が多くてラッキーということもあるだろうし、ずいぶん全体のボリュームが少ないな、という場合もあるだろう。
だけどそれを味わうのは持ち主なのであって、味わい方も持ち主次第なのだろう。

どうも、ぼくはそういうことを昔から知っていたようにも思うし、本当の意味ではまったく理解していなかったかもしれない。
今でも、ほとんど何もわからない。
わからないけれども、ぼくはぼくに与えられた人生の時間を最後までしっかりと味わいたいと思う。
たとえそれが周りから見てハズレだったとしても、そこに喜びを見出すのはぼくだけの仕事なのだ。
そういう風に考えらえるようになっただけでも、ぼくは年を取ってよかったと思うし、これから運よくまだ年を取り続けられるとしたら、何か他のことにも気づけるような気がする。

まだ50代になっていないぼくだが、今は「未来の何かをモチベーションとして手段としての現在を消費する」という生き方を終わらせて、人生自体をじっくりと味わう生き方へと移行している途中だと思う。
だから、きっと50代になったときには、その方法や秘訣について、もっと面白いことが書けるんじゃないかなあと楽しみにしている。

インターネットに関する、とても個人的で感情的で非論理的な見解。


ぼくがブログを書き始めたころ、インターネットは現実から隠れて自由になれる場所だった。



目の前の現実では、ぼくはいつも自分のことをごまかしていた。
ぼくの現実にはいつも評価があった。
得意先の要望に応えるべく努力しているか、会社の収益を上げるための工夫をしているか、家庭の一員として役割を果たしているか、まともな人間として世の中の役に立とうしているか、そして他にはない自分だけの生き方をできているか。
ぼくはそういうことに何度かまともにぶつかってみた結果、まったくうまくいかなくて、物事に本気で取り組むのを恐れるようになった。
本気でやらないから力もつかないし、力がないのがわかるから勝負事を避けるようになった。
そうやってどんどん自分で自分を窮地に追いやっていることがわかっていたので、そのこと自体がダメージとなって蓄積し、身動きが取れなくなっていた。

はてなブログで文章を書いているあいだ、ぼくはそういった束縛から自由になれた。
ぼくのことを知っている人はほとんどいなかったので、稚拙と思われようが、つまらないと思われようが、正体不明の書き手の一人として自分の考えをのびのびと書くことができた。
その文章を読んだ人からは現実以上に辛辣な批判を受けたり、バカにされたり、無視されたりしたし、それなりに傷ついたし腹も立ったが、それも楽しかった。
今までぼくがコピーライターとして書いていた文章はいつも「目的と合致しているかどうか」という視点で評価されてきた。
いつも文章は目的のための手段でしかなかった。
ぼくという存在も、企業のマーケティングのための手段でしかなかった。
それに比べたら、ぼくが自分なりの意見を書き、それに対してこいつの書いていることには同意できないと言われるのは新鮮な経験だった。
少なくとも誰もぼくの書いたことを、マーケティング課題に対する解決手段としてふさわしいかどうかという視点で批評したりはしなかった。

ぼくは、はてなブログでのびのびと文章を書き、いくつもの新鮮な経験をし、たくさんの面白い人たちと出会い、変わることができたと思う。
インターネットの中を漂って、色んな対話を続けていくあいだに、視野が大きく広がった。
自分の力のなさや不完全さを認め、その上でできることをやっていこうと思えるようになった。
勝手に「現実への反撃」と称して何度も現実生活の中で自分なりの挑戦をして、そのたびに失敗しながら、それでも小さな自信を少しずつ増やしていくことができた。
インターネットのおかげで、ぼくは現実に立ち向かう力を手に入れることができたのだと思う。

今、インターネットはますます多くの人に開かれた場所となり、隠れることは難しくなった。
毎日、たくさんの人々が実名で自分の考えを表明し、それよりももっと多くのイライラしている人々が罵詈雑言をぶつけあい、それよりもさらに多くの人々がその模様を眺めている。
当時のぼくのように、現実に疲れ、どこか違うところで自由に自分の力を試してみたい、と思う人にとって、今のインターネットがそれにふさわしいかどうかはわからない。
そもそも、インターネットとはもともとそういう場ではないのかもしれない。
また、自分にとってそうだったからといって、未来永劫同じものをインターネットに求めるのもおかしな話だろう。

ぼくは人生の中の、割と大変だった時期を、インターネットの中に隠れることでなんとか乗り切ることができた。
ただそれだけのことなのだろう。

だから、インターネットとは何か、ということについて偉そうなことは書けない。
その代わり、はてなブログを書き始めた頃の、新しい遊び場を見つけた子どものようなワクワクした気持ちはいくらでも思い出せるし、そこで起きた出来事(そのほぼ全てが他の人にとってはまったくもってどうでもいいこと)についてなら、いくらでも話すことができるだろう。

でも、今はそういう昔話をするタイミングではない気がしている。
ぼくは、はてなブログとインターネットのおかげで、自分の現実に戻ってくることができた。
今のぼくにとって大切なことは目の前のことから隠れることではなく、それを受け入れて、自分ができることをやっていくことだ。
別にすごいことでもなんでもない。
毎日の家事、仕事、そして時々ぼんやりすることを、自分の全部を使ってやっていきたい。

まあ今はそうやって意気込んでいるけれども、そのうち、どこかでまた壁にぶつかる日が来るだろう。
それは思っているよりもすぐかもしれないし、だいぶ先のことかもしれない。
まったくわからない。
わからないけれども、そんな時、インターネットはあの頃と同じようにぼくを優しく迎えてくれるだろうか。
誰もが平等にボロクソに扱われる修羅の世界、その中であがいている一人の書き手として扱ってもらえるだろうか。
そうだといいなあ、とぼくはとても自分勝手に思っている。
インターネットがそんな場所であり続けてくれていたら、ぼくは安心して、この平凡な人生を全力で生きることができる。
そう、とても自分勝手に思っている。


はてな20周年、おめでとうございます。
これからもインターネットが、豊かな世界でありますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」