煮詰まった中年男性は、何をすればいいのか。

fujiponさん(id:fujipon)が「煮詰まった中年男性」の気分転換の方法を「緩募」されている。

fujipon.hatenablog.com

なので、ぼくも自分の経験をいくつか挙げてみようと思う。

掃除

これは大変おすすめである。
特に、雑巾で床をふくのがいい。
テレワークの時など、5分ほどのすきま時間ができたら、その瞬間にちょっとだけ気になるところをふく。
ちゃんと四つんばいになって、床の状況を見ながらふくと、なかなかの全身運動になるし、5分くらいやっているとちょっと汗も出てくる。
また、掃除をすることに集中できるので、他のことを考えなくてよい。
はじめは、ちょっと仕事のアイデアでも考えながらやるか…という感じではじめるのだが、やっていると汚れているところが気になってきて、これまでのことがすっかり頭から離れていく。
そして何より、きれいになると自分が気持ちいいし、家族も気持ちいい。
ついでに、お金もかからない。

ポイントは、完璧にやろうとしないこと。
ちょっとの空き時間で、限られた部分をちょっとだけやる。
続きはまた次のお楽しみとしておいておけばいい。
あとは、できるだけ体の色んなところを使う。
手だけじゃなく、低い体勢になって腰を伸ばしたり、首を曲げたり、ついでにストレッチ代わりに足を開きながらやってみたりして、気持ちのいい運動として楽しむ。
そんな感じで、自分なりに色々と工夫して、より気持ちのいい時間にしようとすること自体が楽しい。
「煮詰まった中年男性」には、ぜひともおすすめしたい。

おしゃべりする

これはぼくにとってはいつも有効な打ち手の一つである。
ぼくは元来、とてもおしゃべり好きなのだが、仕事が忙しくなってきたり、何か悩み事にとらわれていたりすると、気持ちが内側に向いてしまって、誰かと会いのが面倒になってくる。
人としゃべらないと、自分の考えで頭がいっぱいになってしまうので、すぐに思考の酸欠状態になる。
もちろん本を読んだり、映画を観たり、自分以外の考えも吸収することも大事なのだが、それ以上に、酸素が少なくなった古い思考を外に吐き出して、みずみずしい空気を取り込むことが必要なことが多い。
そんなわけで、ぼくは煮詰まってくると、誰かに声をかけて、おしゃべりをさせてもらう。

煮詰まっているときのおしゃべりの始め方は、実はとても簡単である。
「実は、ちょっと煮詰まってまして…」
と切り出すだけである。
すると相手が、一体何が煮詰まっているのか、なぜそうなったのか、色々と聞いてくれるので、その時は遠慮なく、こっちの話を聞いてもらう。
で、ある程度吐き出して、気持ちが楽になってきたら、今度は相手の番。
そっちはどうですか、と聞く。
するとたいてい、いやあ実はねえ、と話をしてくれるので、それをありがたく聞く。
で、お互いにスッキリしたら、お礼を言い合っておしまい。

まあ実際は、ああもうちょっと話を聞いてほしいなあ、という時もあるし、つい自分ばかりが話してしまう場合もある。
だけど、できるだけ話すのと聞くのは入れ替える。
野球の試合みたいに、表と裏の両方をやるのが大事な気がする。

違う仕事をする

ぼくは転職をしたことはないが、職種を何度か変えている。
それは不本意な場合もあるけど、自分から変わろうと準備をして、積極的に変えていっている部分も大きい。
これまでで一番こわかったのは、コピーライターをやめて、別の職種に変ったときで、それは本当に大変だった。
それでもまあ、ぼくが飽きずに働き続けられているのは、そうやって新しいことに取り組み続けているからかもしれない。

あとは、時々WEBメディアに寄稿させてもらっているのも、とてもいい気分転換になる。
編集者さんやライターさんから、ブロガーの「いぬじん」として扱われるのは、普段とは全然違う人間になったような、とても楽しい経験だ。
自分自身の違う一面に気づくこともできるし、いやあ、それでもやっぱりここは変わらんなあ、という部分を確認することもできる。

他にも、長く生きていると、別に特殊なことじゃなくても、色んな仕事をする機会がある。
PTAなんかもそうだ。
別に委員や部会の仕事じゃなくても、朝の立ち番をするだけで、かなり気分転換になる。
はじめは、朝早くから面倒だなあ…と思っているのだけど、子どもたちに、おはよう、と声をかけているうちにだんだん気持ちがよくなってきて、いい一日のスタートを切れたな、と思えることが多い。

最近は長らくやっていないけど、オフ会を開いてみる、というのもいいかもしれない。
ぼくは元々、何かの主催者になったり幹事をしたりするのが苦手で、お呼ばれはしたいけど、自分でやるのはちょっとなあ、という感じだった。
だけど、いつまで経っても誰も何の会にも呼んでくれないし、じっとしていても何も起こらない。
そこで思いきって、自分でオフ会を主催してみることにしたら、とっても楽しかった。
そうか、楽しいことが何も起こらないなら、自分で起こせばよかったんだ、と気づくことができた。

と、ここまで書いていて思ったけど、ぼくの場合はやっぱりそこなのかもしれない。
おもしろきこともなき世をおもしろく、じゃないが、とにかくじっとしていても、何も面白いことは発生しないのである。
ぼくは昔からそうなのだ。
よく、何もしゃべらないのにやたらモテる人っているでしょ。
若い頃はああいう人に憧れていた。
だけど、ぼくはそういう資質は全くないのである。
だから、自分から楽しいことを作りにいくしかないのである。
まあ、ずいぶん生産性の悪い人生である。
ぼくだって、じっとしているだけで色んな人にもてはやされて、何もしなくても面白いことが向こうから次々とやってくる人生がよかった。
だけど、ぼくはそういう星の下には生まれていないのである。
その代わり、別の星がぼくを見守ってくれているのである。

というわけで、fujiponさんの参考になりましたでしょうか。
というか、書いてみたら、ぼく自身の参考になりました。

では、また。

どっちが得して、どっちが損したか。

今日は、遠くからわざわざ会いに来てくれた人がいて、うれしかった。

昔、ある会社の社長が「向こうから連絡してくるやつ、会いたいと行ってくるやつにロクなやつはおらん」と言っていて、なるほど社長ともなるとそういうものなのかなあと思ったのを覚えている。
だが、ぼくはサラリーマンなので、向こうからわざわざ会いに来てくれる人は少ない。
だから、やっぱりうれしいものである。

ぼくは、ギブアンドテイクのバランスを考えたりするのがすごく苦手だ。
なんとなくこっちのほうが損してる気がするとか、逆に得しすぎているとか、そういう感覚はあるけど、きっちりと貸借対照表を作ることができない。
一方的に助けてもらってばかりの人もいるし、その逆の人もいるんだけど、だからといってどっちが大事とか、どっちが優先とかいうのもあまりない。
いつも助けてもらっている人に対しては、ひたすら背中に手を合わせて感謝し、尊敬の念を送る。
こっちが助けてやってばかりの人に対しては、その背中を押して、さあがんばってきて、とエールを送る。
そんなに違いがないような気がするのだが、まあぼくの中の何かの計量器が壊れてしまっているのかもしれない。

いずれにしたって、そういう付き合いをしていると、自然と離れていく人もたくさんいるし、それでもなぜかご縁が続く人もいる。
遠くからわざわざ会いに来てくれる人もいる。
まったくもって恵まれている。

なんというか、ぼくは人間関係というのはうまくいかないことが前提だと思っている節がある。
誰かと知り合っても、まあうまくご縁があってお付き合いが続くといいけれども、基本的には難しいよな、とどこかで思っている。
だからといって努力しない、ということではない。
うまくいかないことを前提に、だけどできるだけお互いが仲良くなれるように努力する。
それでも無理な時は、それ以上無理しない。
基本姿勢はそんな感じ。
まあ、多くの人がそうかもしれないけど。

ただ、そういう態度を取り続けている中で、あ、なんだかんだ、この人とは長くお付き合いし続けられているな、と思えたときはちょっと別だ。
この関係をできることなら、細々でもいいので、続けていきたい、と願うようになる。
そう願えば願うほど、関係性が壊れてしまったときに自分が傷つくリスクは高まる。
で、そのリスクを背負ってでも、このご縁が続くことを強く願っているとき。
それはもうファイナンスではなく、情の世界である。
とまあここまで書いてみると、ぼくはなかなか繊細な人間なのかもしれないと思ったりする。
なんだかんだいって、傷つくのが怖いのだ。

でもまあそれでいいじゃないか、と開き直ってみる。
傷つくのは怖いことだし、ダメージを受けると回復には時間がかかるし、それを避けようとすることも必要だし、それでもどうにもならない状況になることだってある。
それが人生じゃないか、とやせ我慢をしてみる。

サラリーマンとしてはダメなことなんだどうけど、どっちが得したか、損したか、という冷静な議論も大事かもしれないけど、ぼくは傷ついたとか、ショックだとか、そういう部分の共有をすることがもっとおおっぴらにやれたらな、と思ったりする。
貨幣に換算することは便利な方法だし、色んな場面で役立つ。
だけど、ぼくは貨幣のために生きているわけではない。
ぼくは、ぼくの感情を大切にしていきたい。

友だちが会いに来てくれてうれしい。
なかなか、このことに値段はつけられないんじゃないかなあ。

わからないものは、わからない。

昨日『竜とそばかすの姫』を子どもたちと観てたと書いたら、小島アジコさん(id:orangestar)から、てっきり映画の感想を読めるのかと思ったという旨のコメントをいただいて、あっバレたか、と思った。

いや、バレるとかバレないとかいう話ではないのだけど、ぼくは何かの感想を書くのがひどく苦手なのである。
この夏休みにも、子どもたちと『ONE PIECE FILM RED』を観て、その時もちょっと感想を書こうかとも思ったのだが、いざパソコンに向かってみるとまったく手が動かなくてやめてしまった。
あるいは、本を読んだ後も、ああこれは本当に面白かったから何か書きたい、ともよく思うのだが、やっぱり書けない。
でもまあ別に感想を書くのが苦手だからといって特に困るわけではないし、と自分に言い訳をしてここまで知らないフリをしてきた。
だけど、せっかくアジコさんからリクエストをいただいたので、書いてみる。
先に断っておくが、ちゃんとした感想を書ける自信はない。

そもそも『竜とそばかすの姫』は、ほんとは金曜ロードショーではもっと前に放送される予定だったのである。
ところが当日、例の日本中を驚かせた事件があって番組が変更になり、放送が延期になってしまった。
上の子はそれをいたく悲しんでいたので、あらためて放送されることがわかると、喜ぶというよりも、
「映画が始まったらうるさくせんといてな、静かにしてな」
と他の家族に事前に何度も釘を刺していた。
まるで、そうやって神経をとがらせておかないと、また延期にでもなりかねないと思っているかのようだった。

『竜とそばかすの姫』の主役は、とても若い人たちである。
四捨五入をすると50歳のぼくには、さすがに感情移入をするのは厳しくなってきた。
いや、頑張ればできたかもしれないけど、隣にまさに思春期真っただ中の人がいて、食い入るように画面を見つめている様子が目に入ると、こういう熱い感じには勝てないよな、と思ってしまう。
その代わりに、コーラスグループの女性たちや、食堂で働くおばあちゃん、主人公の父親など、周りの大人たちのほうに関心がいく。
主人公はたくさんの大人たちに見守られながら暮らしている。
この映画で一番印象に残ったのは、コーラスグループの女性たちが、主人公から幸せとは何かと聞かれるところ。
みんながなんと答えようかと戸惑っている中で、一番年輩の女性が、幸せって何かわからないわとニコニコしながら答えるところだった。

さて、ぼくなら、なんて答えるだろうなと思う。
この女性の回答以上にいい答えが思いつかない。
幸せは、わからない。
ほんとにそうなのだと思う。
だけど、それをニコニコしながら答えられるところに、本当の答えがある。

昔、師匠から、ひとつ戒めの言葉をもらったことがある。
なんでもわかると思うな。
わからない、ということが大事。

ぼくはそう言われたとき、あまりピンとこなかった。
だって世の中、みんなわかったフリをしてしゃべっているじゃないか。
プレゼンテーションの時に、わかりません、なんて言ったら絶対に仕事を取れないじゃないか。
なんでも答えられなきゃ、仕事にならないじゃないか。
そんな風に反発していたように思う。

だけどやっぱり、わからない、というのはとても大事なことなのだ。
わからないから、調べてみようとする。
わからないから、確かめにいこうとする。
わからないから、探求は終わらない。
「わからない」というのは、ぼくらに届くプレゼントのようなものだ。

今は答えのない時代だと、ぼくらはさもわかったような顔をして言う。
こんな時代に生まれた人たちはかわいそうだとか、これもまたわかったような顔をして言う人たちもいる。
だけど本当に困っているのは、これまでは答えがあると思っていた人たちだけかもしれない。
はじめから答えがない世界に生まれた人たちにとっては、それが当たり前なのだ。
彼らははじめから「わからない」世界に降り立ち、「わからない」人生を歩いている。
彼らにとっては、メタバースのような仮想空間で暮らすことも、この正解のない現実空間で生きることも、たいして違いはないのかもしれない。
ぼくは、そんな人たちと同じ時間を生きている。
そんなことを思った。

もうひとつ。
サマーウォーズ』でも『竜とそばかすの姫』でも印象的なのは、大人たちも仮想世界を普通に楽しんでいることだ。
おばあちゃんも小さい子も、誰もがもう一人の自分を楽しめる世界。
サマーウォーズ』の頃は、こういう世界が来るのはもう少し後かもなあと思っていたけれども、今回は、神経を接続するようなシステムはまだ実装されていないものの、かなり現実のできごとに近いように感じた。
それはシステムとか技術とかの問題じゃなく、感染症のせいで、誰もがオンラインでつながることがさらに当たり前になり、社会自体の仮想世界への順応が急速に進んだからかもしれない。

こういうことを考えるときに、いつも思い出すのは「WEB2.0」が喧伝されていた頃のことだ。
あの頃も、老若男女がインターネットを使うようになり、何か世の中が変わっていっているのを実感していた。
会社の年輩の人からも、こんなに時代が変わっていっているのにコピーライターなんていう古臭い仕事にしがみつこうとするなんて、お前はとんでもないバカモンや、と言われたのを思い出す。
たしかにぼくは古臭い仕事にしがみつこうとしていた。
だけど一方で、モニターの向こうで日々変わっていく新しい世界に対して、ドキドキしていたこともたしかだった。

世界は変わる。
それをぼくは、もう何度も経験してきた。
携帯電話でどこでも誰とでも連絡が取れる世界。
インターネットに接続すれば膨大な知識にアクセスできる世界。
そこで自由に行き来をし、これまでにはありえなかったような偶然の出会いが生まれる世界。
こんなにすばらしい時代に生まれてきたことは、本当に幸せだと思う。
そんなことも思った。

というわけで、予想通り、うまく感想を書くことはできなかった。
だけど、世界が変わらなければ、こんな風に誰かから映画の感想を求められて書いたりすることもなかったのだ。

やっぱり、いい時代だなんだと思う。