読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

尊敬している人。

 

最近、ひそかに尊敬している人がいる。

  

ある日、彼女の仕事の領域について

「あのね、勝手にこんなこと考えちゃったんだけど、どうですかね」

とか言って、無神経な僕はアイデアを書いて見せた。

たぶん、ここは苦言を呈していいところである。

 

でも、彼女の第一声は

 

「うわ~、ありがとうございます!」

 

だった。

 

「ありがとうございます!

いいアイデアですねえ!おもしろいです!

えっとぉ、ちなみにこの題材なら他にも

いくつか切り口があるかも。

私も企画を出しちゃってもいいですか~?」

 

 

完璧だなあと思った。

 

これは、僕が師匠から学んだ

「相手をいったん受け入れる」技術と同じだ。

 

師匠はよく言っていた。

よく覚えておけよ。

オレたちだけがアイデアマンだと思ったら大間違い。

みんな、色んなアイデアを考えながら仕事をしている。

だから自分の考えを伝えたければ

まずは相手の意見や発想を受け入れろ。

あなたと一緒にいいアイデアを作っていきたいという

態度を、まず示せ。

 

これは頭では理解できるのだが

実践するのがものすごく難しい。

 

クライアントや上司がつまんないアイデアを言うと

僕はすぐに

「う~ん・・・」

なんて偉そうな声を出して、黙り込んでしまうのだ。

 

そんなわけで

たいした才能もないくせに自尊心が高い僕は

「受け入れる」技術をついにモノにできなかった。

 

それをさらっと見せつけられて

純粋にうらやましいなあ、と思った。

 

彼女だってひょっとしたら

昨日、恋人と大喧嘩してたかもしれない。

朝の満員電車で隣の人から思い切り

肘鉄を顔面に受けたかもしれない。

会社に着くなりキャラメルマキアートを

デスクでひっくり返して

お気に入りの服を汚したかもしれない。

 

だけど、明るく

「うわ~!ありがとうございます!」

とまず相手の(くだらん)思いつきを受け入れる。

これは、もう達人の域である。

 

他にも彼女には色々とすごいところがあるのだが

長くなったので、また今度。