犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

それでも好きを、仕事にしたい。




好きなことを、仕事にしたことはありますか。




これさえできれば、あとはどうなってもいい、と思えるようなワクワクドキドキに出会えたことはありますか。


手ごわいテーマに夢中になって取り組んでいて、気がついたら朝になっていた、という経験はありますか。


自分よりもうまくやるライバルに嫉妬して、悔しくて、情けなくて、眠れない夜をすごしたことはありますか。


突然、イカすアイデアを思いついて、いまにも叫び出しそうになったことはありますか。


と思ったらなんだ夢かよと、がっかりしたことはありますか。


願いは必ず叶うとか、信じていればたどりつけるとか、そんな言葉が急に信用できなくなったことはありますか。


結局、自分なんて、誰かが作り出した虚像に踊らされているワナビーの一人じゃねえかと。


やることなすこと何もかもうまくいかなくて、他のみんなはキラキラとかがやいていて、自分はとんでもなく無能なやつだと、消えてしまいたい気持ちになったことはありますか。


それでも、自分を動かすことができるのは自分しかいないという、ひとつの悲しい事実を知って。


何度もあきらめそうになりながら、それでもやっぱりあきらめられなくて、見苦しいくらいもがいて。


やっとのことで成果を得られたとき、思わず泣いてしまったことはありますか。


辛いときはそんな経験を思い出して、ちぢこまった気持ちをぎゅっと引き伸ばしていますか。


また無謀な冒険の旅に出かけたいと思うことはありますか。


いやむしろ新しい挑戦は、ありきたりな、生活臭がプンプンただようダサくてショボい毎日の中で、もうとっくに始まってると気づくことはありますか。


ダサくてショボい毎日を、ない知恵をしぼって、ちょっとでも面白くしていくことが答えなんだと、そう思うことはありますか。


ええいこの際、別に仕事じゃなくてもなんでもいい。


いつまでも、好きなことを、追いかけ続けようじゃないですか。


一度きりの人生を、徹底的にジコチューに生きていこうじゃないですか。


さあ、もういいから、すすめ。



年をとって、プライドばかり高くなって、ウジウジしているぼくへ。