読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

一億総活躍の、方法。



足りていないのは、欲望だ。



いま一億人が活躍できていない理由を色々と挙げることはできる。

問題点を並べて、それらを解決する方法について考えることはできる。

だけど、もしそういった問題点をすべて解決することができたら、この国の誰もが活躍する世の中になるのだろうか。

そうはならない。

何もかもをお膳立てされたとしても、別に活躍したいと思っていない人は、やっぱり活躍しようとはしない。

すばらしい教材と超高級な学習机と何時間座っていても疲れない椅子と、そしておなかがすいたら何でも好きなものを食べられる環境がそろっていたって、すべての子どもがワクワクして勉強にとりかかるわけではないのと同じだ。


足りていないのは、欲望だ。


おいしいものが食べたい、たのしい遊びがしたい、好きな人といっしょにいたい、おもしろい人生を送りたい。

ぼくらの心の中にある、非常にわかりやすくて、ひどくバカバカしくて、そしてとてもパワフルな存在についてもっと注目しなきゃいけない。

もちろん欲望は悪さもする、ズルいことを考えるきっかけになることもあるし、それをコントロールする訓練をしていないと、自分の力に負けてしまってひどい目にあうこともある。

だからぼくらは色んな人たちから、遊びや学びや仕事や生活や、あるいは何にもしないことをとおして、欲望とつきあっていく方法について教わる。

そのうちにぼくらは気づく、欲望というものは育てることができることを。

一生遊んで暮らしていたい、と言っていた人が、仕事大好き人間になっていたり、一人でいる時間が何よりも好き、と言っていた人が、毎晩飲み歩くようになっていたり、逆にさみしがりやでいつも誰かといっしょにいたいと言っていた人が、孤独な作業に向き合うことに夢中になっていたり。

それはその人の本質が何か変化したわけではない。

心の中の欲望が、この世界の広さや深さに気づき、もっと自分の力を発揮できる場所を見つけ、自由に飛びまわることができる大きな翼や、深く掘り下げていける強力な爪をもった存在へと進化をとげただけにすぎない。

ぼくらは誰かがそういう状態になっているのを見て、あの人は活躍している、というのじゃないだろうか。


足りていないのは、欲望だ。


恥ずかしくて人に言いにくい欲望や、それが実は欲望だと本人にすら気づかれていない、そんなものたちの存在を受け入れる。

人の欲望を肯定し、それがどんどんたくましいものへと育つことを祝福する。

問題だとか必要だとかソーシャルグッドだとか世の中のためだとか、まあそういう言葉はひとまず置いておいて、おもしろいだとか、たのしいだとか、きもちいいだとか、そういうことを優先していきたい。

よく考えたら、一億人が総活躍していたら、ちょっとつまらない、自分のほうが他人よりも活躍したいじゃないか。

だけど自分ばっかり活躍するのも、それはそれでつまらないじゃないか。

だから今回は誰が活躍できるのかを本気で競争することだって、おもしろいじゃないか。


足りていないのは、欲望だ。

欲望の声に耳を傾ける態度だ。

素直に自分の欲望を認めていこう。



本当に自分の心の中からワクワクする気持ちがなくなってしまう前に。