犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

ブログを書くことで、起こった変化。

 

 

 

 

今日は、とあるクライアントとの会食だった。

 

僕はその食事の場で

別の会社の人間から、巧妙な手口によって

僕に手抜かりがあったことを糾弾された。

 

いや、inujinさんは悪くないんですよ、本当に。

ただ、運が悪かったとしか言いようがない。

いや、ごめんなさいねえ、なんか非難してるみたいな

言い方になっちゃってえ。

 

というような感じで、

ずいぶんうまくやられてしまったなあと

心の中で舌打ちしていたのだが

思ったよりも、平然としていられたのが不思議だった。

 

理由はいくつかあるのだろうけど、

一番大きいのは、はてなブログ

色んな事を書き始めたからだと思う。

 

 

以前に書いたように、

僕がこのブログを書く大きな目的は

刻々とうつろい続ける世界で生き残るために

変わり続けなければいけない自分の中の

「変わらない部分」を確認することだ。

 

そして、ほんの少しずつではあるが、

ブログの更新を通して

その「変わらない部分」が

自分が思っていたよりも

ちゃんと形のあるものだとわかってきた。

 

すると、僕の中にある心の変化が起こってきた。

 

失うことへの恐怖感が減ってきたのだ。

 

 

もちろん、本当に失ったら

困るものはいくつもある。

 

だが、失っても特に問題がないことが

たくさんあることがわかったきた。

 

たとえば、他人の評価。

これほどアテにならないものはない。

なぜなら、大抵の人は、自分自身の判断で

人を評価するのではなく、

誰かに対する他の誰かの評価でしか

測ることができないのだから。

 

あるいは、常識。

だって、世の中がこれだけ変わっていくのに

「常に」ある知識なんて、ほとんどない。

そう思うと、自分の知らないことがあっても

素直に「知りません」と言えるようになってきた。

 

また、若さを失うことも、怖くなくなってきた。

表現者には若々しいセンスが大事だとか

言う人は多いけれど、そう言う人間自身は

表現者でもなんでもなかったりするのだ。

センスが若々しいかどうかを判断するのは

最終的に伝える相手なのだ。

そして、長く生きてきたからこそ

伝えられることは、これからもどんどん増えていく。

今後も、僕は年を取れば取るほど

表現が楽しくなっていくだろう。

 

 

こんな風に、書きとめていくと

自分にとって大切なことと、そうでないことが

どんどん明確になっていくし

そうすると、迷うことがどんどん減っていく。

 

他人から誉められようが、貶められようが

大きく動揺することが、なくなっていく。

 

また、逆に、これまで軽視していたけれど

本当は自分にとって大切だったことに

気づくこともある。

 

こんな感じで、文章を書くことが

すごく大事な行為だと思えることも、その1つだ。

 

とにかく、ブログを書いてみて、よかった。