幸せの、ありか。

 

 

 

幸せとは何かといえば、それはぽんずしょうゆのある家だと決まっていて、ぼくはそういう、人生の先輩たちが作ってきた価値観の中で育ってきた。

 

 

 

となりのトトロはまあ実在はしないけど、自然は大事にしなきゃいけないよね、ぐらいは思っていて、スーパーサイヤ人にはなれないが、やられてもやられてもあきらめなければ強くなれるとは信じていたような気がする。

 

ぼくの父親は広告会社のデザイナーをしていて、まさか自分も同じ世界で働くようになるなんてことは夢にも思ってなかったが、母親もファッションデザイナーだったし、まあまともな環境ではない。

 

新しいことはいいことで、消費することは娯楽で、こだわりを持つのは正義だった。

 

そう考えると、ぼくは40年以上生きてきて、割と価値観が変わったなあと思うことも多い。

 

新しいことは人から教えてもらって知ることばかりだし、大量消費をするほどのパワーは持ち合わせていないし、こだわりはボツになった企画書と一緒にシュレッダー行きだ。

 

もちろん、変わらないことや、形は変わってもずっと大事にしていることというのはいくつもあって、だからこそああ自分の価値観も変わったなあ、なんて余裕こいていられるのだ。

 

いや、きっと色々とひどい目にもあったような気がするし、バカな失敗もたくさんやらかしてきたような気がして、そういう社会勉強の中で、多少はまともな人間になろうとして、価値観を無理にゆがめてきた部分も大きいような気もする。

 

あるいは、自分のこだわりが強すぎて、自分らしい価値観を作り直さなくてはという強迫観念にとらわれて、ずっと苦しんでいたような気もする。

 

ちょっと前までは、過去について思い出すたびに、そういう辛かったときのことばかりが思い出され、またグツグツと恨みのエネルギーが再燃し出したりしていた。

 

ところが最近は、なぜか楽しかったこと、うれしかったことばかりを思い出す。

 

たぶん子どもたちとドラゴンボール超の映画を観に行ったり、一緒にキャッチボールをしたりしていることが直接のきっかけのように思うが、それと同時に、ああ自分の人生はしかしまあ幸せな時間ばかりで構成されているなあとも思うのである。

 

もちろん、その時間を得るためにぼく自身が努力してきたということもあるけど、だとしたらそんな努力がちゃんと報われる機会がある、という幸運自体がすごいことなのである。

 

あるいは、努力が報われなくたって、今こうやって生きてブログを書いていられることがすごい。

 

おまけにこんなどうでもいい話を読んでくれる人がいてくれるのが本当にありがたい。

 

そんな風に最近はよく思う。

 

まあこれからの自分はひたすら老化の一方通行で、能力が向上することはない。

 

毎日、人生の終わりへと近づいていっている。

 

もうこれ以上幸せに生きることはできないだろう。

 

そう考えても、あんまり気分は悪くない。

 

幸せというのは、ぽんずしょうゆのある家であり、少なくともぼくはそんな家で暮らすことができたわけだから。

 

 

 

あとは何でもいいから、他の人たちの幸せに役立つ、少しはマシな何かを残していけたら、もう何も言いたいことはなくなるような気がする。

世界は、続いてほしいと思う。

 

 

 

まったくもってクソみたいな世の中だと思う。

 

 

 

いくら働いても生活にゆとりは生まれないし、どれだけ人に頭下げてもエラくはなれないし、なんとかして競争に生き残っても容赦なくまた新しいデスゲームがはじまるだけだ。

 

疲れた体を休ませて、ちょっとだけ呼吸をしようとブログを書いたら、ひどいコメントに叩かれて、機嫌が悪くなって、こんな世界なんてほんとに終わってるなと思うことばかりだ。

 

 

でもまあそれでもこの世は続いてほしいなあとは思っている。

 

たくさんのクソみたいなことと同じくらい、素敵なことがあるからだ。

 

朝のパンが焼けるいい匂い。

子どもとしりとりしながら保育園に迎う道。

時間どおりにガタンゴトンとやってきてくれる電車に乗って、通勤中の会社員という役割がある自分。

 

学生の頃は何でもない自分が嫌で嫌で、早く働きたいと思っていた。

 

働いてみたらやっぱり働くのは楽しくて、まあそれからたくさんひどい目にもあったけど、今も働くことは大好きだ。

 

とはいえ仕事をすると疲れる。

疲れたら家に帰る。

早く帰れた日は家族と食事をして、早く食べ終われとか宿題はやったのかとか早く風呂に入れとかギャーギャー言いながら子どもたちを寝かしつけて、ゴミを集めて洗濯機を回して、妻の仕事の話を聞いてるうちに眠くなってきて、ちょっとだけ本を読んで、子どもの寝顔を見ながら自分も眠る。

 

そこには何の輝かしい功績もないし誰かにめちゃくちゃにほめられる機会もないが、そんなつまらん、凡庸で、中途半端で、進歩のない、退屈な、人生終わっちゃった感が満載の一日をすごせることを、ありがたいと思う。

 

楽しいことはずっとは続かない。

 

それをぼくは小さい頃から経験的に知っていたような気がする。

 

だけど、楽しいと苦しいとうれしいと悲しいとワクワクと退屈とが行ったり来たりするこのクソみたいな世の中は、やっぱりずっと続いてほしいと思うし、それをこれから世界にやってくる人たちにも存分に味わってほしいと思う。

 

 

さあ今日も人生終わっちゃった感が満載の一日をめいいっぱい生きるとするか。

インターネットのくらしを、もっとたのしむために。



最近は、すっかりブログ同士で言及しあうことも減って、はてなブックマークを使っている人たちとのやりとりもご無沙汰になってしまっている。



インターネットぐらしの何が楽しいかって、そうやって、ほんの一瞬のすれ違いの中で、お互いの考えを交換しあえることだと思う。

もちろんその中には誤解も、誤配も、たくさんあって、それがまた変な形に広がってしまっていって困ったりすることもある。

それでも、そんなやりとりの中で「あ、そうだったのか!」と何か新しい気づきを得る瞬間があって、それはすごく楽しいことなのである。

ぜひとも多くの方に、その喜びを味わってほしいと思う。


さて、ぼくの書いた記事について、はてなブックマークで色々とコメントがあった。
inujin.hatenablog.com

相変わらずみんなインターネット生活を楽しんでいるようで何よりなのだが、どうもちゃんと楽しめているのか心配な方もいらっしゃるので、ぼくなりに見つけたインターネットの楽しみ方を確認しながら、少しやりとりをしてみたいなあと思う。


相手に最低限の敬意を払うと、たのしくなる

インターネットを泳いでいると、見知らぬ相手に話しかけたくなる。

しかしそのときは、できるかぎりその相手に敬意を払うことをおすすめする。

相手に敬意を払うことで、その人が本当に言いたいことや、あるいは言葉にはしていないけれども、その人が人生の中で獲得してきた面白い経験に気づける可能性が増えるからだ。

そうやって一度耳を傾けてみて、やっぱりこの人の言っていることは理解できない、あるいは賛同できない、となったら、丁寧に話しかけてみるといい。

もしはてなのサービスを使っているなら、相手の記事を引用したり、idコールをすれば、書き手にもちゃんと届く。

ちゃんと返事が来るかどうかはわからないけれども、見知らぬ相手なのだからそれは仕方ないし、うまく返事がもらえたら、そこからが交流のはじまりだったりする。

たとえばこんな感じである。

id:grdgsさん、早速のコメントをいただけたのはうれしいです。
ただ、見も知らぬ人間に「こいつ」と話しかけるのは失礼だと感じました。
他のブックマークコメントを拝見したところ、色んな場所でずいぶん汚い言葉をお使いになっていますが、大変失礼ながら、ちゃんとインターネット生活をお楽しみになられていますでしょうか。
コメントをされるときは、まだ見ぬ書き手の顔を想像しつつ、こんなこと書いたらクスッと笑うかも、とか、こんなこと書いたら新しい発見につながるかも、とか、色々と考えながらコメントしたほうが楽しいし、気分もいい、なんて思うのですがいかがでしょうか。
今のようなコメントばかり書いていると、いつまで経ってもあなたに敬意を持ってくれる人が現れず、いつまでもスッキリできないと思います。
ぜひ、迷う頃があればまたコメントをください。

id:sheaさん、ご指摘されていることはとても大事なことだと思うのですが、あまりに口が悪くて心配しています。
お忙しい中で、言いたいことを短いコメントにまとめるのはとても大変だと思いますので、うまく表現できない場合はグッと我慢して、またの機会にあらためて書く、ということも手だと思いますよ。
ぜひ試してみてください。


自分のアイデアを出してみると、たのしくなる

相手の文章を読んで、ああ何か違うなあと思った場合、違うと思う点を強調するのもいいが、それはあまり書き手には響かないような気がする。

違う、という考えを持っていることはわかったが、じゃあどうすればいいのか、という自分のアイデアまで書くと、書き手も納得するかもしれないし、何より、それをきっかけとして、自分自身が新しいことを思いつくかもしれない。

id:zuleta42さん、内容が薄くて浅いのだとして、ではどうすればもっと濃くて深い議論ができると思いますか。
ぜひとも良いアイデアをください。
また、あなたはなぜ失笑されるのが怖いのでしょうか、ぜひその理由についても教えてください。
育児で大事なのは、周りに失笑されたり、バカにされたりすることを気にせず、目の前で次々と起こる謎のアクシデントに対してひたすら自分のできることをやっていく、そういう態度だと思いますが、いかが思われますでしょうか。
ぜひ情報をおまちしております。


お互いの文章を読み合うと、たのしくなる

インターネットでの交流の醍醐味は、文章や表現だけを通してお互いの考えていることを伝えあい、へえこんなことを考えている人がいるんだ、ということを知ることである。

リアルだと、相手の見た目とか、話し方とか、あるいはその場の状況とか、色んなことが原因で、その人を深く知る機会というのはなかなか得られないものだ。

相手の書いたものや表現したものをじっくりと読んで、そうか、こういう経緯があったからこの人はこういう発言をしたのか、と気づくときはまるでミステリ小説を読んでいるときのように面白いし、まあたいしたことは書かれていなかったとしても、また別のインターネットですれちがったときに知った顔があると、それだけでうれしくなってしまったりもするのだ。

id:ht_sさん、他の記事も読んでくださったのですね、ありがとうございます。
自分に酔っている・・・というご感想については悲しかったけど、そうかもしれません(自分が大好きなもので)。
ぜひあなたが書いている記事があれば教えてください、ぼくも自分のおすすめ記事を紹介しますよ、読み合いっこしましょう。
きっとお互いに、面白い発見があるはずです。


続けていると、たのしくなる

そんな感じで、自分のペースでやりとりを続けていくと、そのうち知った顔も増えていき、面白い発見も増えていき、インターネットでの暮らしが楽しくなっていく。

大切なのは、あんまり深く意味を求めず、大きな成果を急がず、とにかく自分のペースで書いたり、表現したりし続けること。

そのうち、その時間の積み重ねが自分にとって大切なものになっていく。

ああ、あのときにこんなケンカをしたよなあ、とか、あのときに調子に乗って空回りしたよなあ、とか、そんな苦い思い出も含めて、大切なものになっていく。

だからぜひ、多くの方に、この広大なインターネットの中で、とびきり居心地のよい、大切な場所を見つけてほしいと思う。


そして、ぜひ気づいてほしい。


人は、そうやって時間をかけて作ってきた大切な場所を、汚い言葉で台無しにしたり、知らないフリをして唾を吐きかけたりすることはできない、ということを。