時々、留守にしようと思います。



今週は、朝から自宅で、じっくりとひとつのテーマについて考える時間を作ってみた。



テーマは、割と差し迫っている仕事についてであるが、中身は色々だ。
ようやく子どもたちが毎日学校に通うようになったので、やっとそういう時間がとれるようになった。
そこで、さあ、しっかりと考えるぞ、と思って机に向かってみて、そこで恐ろしいことに気がついた。

集中力がびっくりするくらい落ちている。

ちょっと調べものをしようと思ってインターネットを見ただけのつもりが、気がつくとメールをチェックしはじめていて、そこからまた別のインターネットの記事を読んでしまっていたり、急に電話がかかってきて、それに対応しているうちに、さっき考えていたことを忘れ、その代わりに人に連絡しなきゃいけないことを思い出してチャットをしている。
とにかくじっくりとひとつのことについて考えることができなくなっているのだ。

それはつい最近のことではない。
もうかなり長いあいだ、ぼくは何かひとつのことを深く掘り下げて考えるということをしなくなっている。
色んな理由はあるけれども、たぶん一番大きな原因は、年を取って自分の役割が妙に色々と増えて、時間を細切れにしか使えなくなってきたということだろう。
あまり考えたことがなかったが、おそらく最近は、10分から20分くらいしかひとつのことに対して集中して考えることができていないように思う。

同僚とアイデアの壁打ち。
社内のこまごまとした相談。
若い人のトレーニング。
わけのわからない事務手続き。
いくつものことを検討して決める会議。
得意先への提案。
その資料作り。
15分や20分のセッションが続くワークショップ運営。
気難しい人への頼み事。
人生に迷う後輩の悩み相談。

そうこうしているあいだにもう帰宅しないといけなくなる。
帰ったら帰ったでやることはいくらでもあるので、何かを腰をすえてじっくりと考え、おお、ひらめいた、なんていう体験をすることがすっかり減ってしまった。

もちろん、そういう状況を作り出した張本人はぼく自身だ。
イデアは自分だけで考えないほうが面白いものが作れると気づいた。
だから、できるだけ人と一緒に考えるようにしている。
たくさんの仕事を短い時間で終わらせないといけない。
だから、時間を短縮するにはどうしたらいいか、そればかり考えている。
一人で仕事を抱えこんで苦しい思いを何度もした。
だから、必ずチームでやるようにしているので、どうしてもメンバー一人一人との対話も増えてしまう。
それらはどれも自分にとってすごく大切な取り組みなのだが、そのおかげで、自分の内側にこもって、じっくりと自分の感じたことについて味わい、何か面白いものがやってくるのをじっと待つ、そういうことをほとんどやらなくなった。

今週、ちょっとそういうことを意識して、自分と向き合う時間をすごしてみた。
でも、もう10分経つと我慢できなくなって、ふわっと意識が外に逃げ出してしまう。
そのときにパソコンやスマホがあると、もうダメだ。
ちょっと気を許した瞬間に、まったく別の仕事を始めてしまっているのだ。

というわけで、パソコンをシャットダウンし、スマホは手の届かないところに遠ざけて、紙のノートを広げてみた。

それでもスマホは定期的にブルブルと震えるし、わからないことや知りたいことが出てくるとすぐに検索をしたくなる。
それをぐっと我慢して、自分の内面に閉じこもり、ああでもない、こうでもないと悩み続ける。
ああ、この時間のなんと辛いこと!
そして、楽しいこと!

ぼくが長いあいだ求めていたのは、こういう時間だったのかもしれない。

おまけに、このぐらいの時間であれば、これまでの忙しい生活の中でも、確保しようと思えばできたような気がする。
これからも、パソコンを閉じて、スマホをオフにして、ちょっとだけ、この辛くて楽しい時間を味わいたいものだ。
孤独に耐え、自分の内面と向き合い、答えのない問いと格闘する時間。
そして、どこからか突然、一筋の光が差す、その瞬間。
たまらない。

そんなわけで、もし、ぼくが電話に出なかったり、すぐに反応がなかったりする場合は、この辛くて楽しい修行に出かけている時かもしれませんので、どうかご容赦ください。



娑婆に戻ってきたら、すぐに折り返しますので。

ハック病に、感染しています。

 

 

池田仮名さん (id:bulldra)がこんな記事を書いていた。

 

 

 

都知事選出馬の供託金300万は大型広告出稿と考えると安い - 太陽がまぶしかったから

 

本来の目的ではなく、安上がりな情報発信手段として、東京都知事選挙への立候補をする人がいるのではないか、ということについて書いている。

仮名さんは記事の最後にこう締めくくっている。

あくまで効率の良すぎる広報のための必要資金を払っただけという状況を回避するための解決策として最初に思いつくのは供託金を高くすることなのだけど、それは富裕層との格差固定化に繋がる。審査を厳しくする事も考えられるが恣意的な表現規制は現政権の固定化に繋がる。

 民主主義の前提と両立する有効な解決策が簡単にはできないからこそハックされているのだけど、結果としてそれらの悪手の推進に誘導されていくことに暗澹たる思いになる。

 

なるほど、ありえそうな話で、暗い気持ちになってくる。

 

サラリーマンの世界でも、何かルールとルールのあいだの隙間をかいくぐって「ズル」をする人が出てくると、そのズルを防ぐために妙に厳しく人々の活動を制限するルールが新しく生まれる。

そういったがんじがらめの状況の中で有利な立場でいられるのは、そういったルールを管理する状況にいる人か、どれだけルールが厳しくなってもお金や影響力など別の力を持ってそのルールをねじ曲げたりかいくぐったりし続けられる人だけだ。

そして、この人たちのパワーは、他のほとんどの人たちがまじめにルールを守り、じっと我慢し続けていることを前提として、約束されているように思う。

そうやって、システムを管理する人と、これをうまく利用する人と、その中に埋め込まれてじっとまじめに我慢し続けるほとんどの人に分断されていく。

たしかにモヤモヤする話だ。

じゃあどうすればいいのか。

 

 

選挙の話に戻ると、公職選挙法はスポーツのルールとよく似ていると感じる。

試合の時間はこれだけですよ、使ってもいいモノはこれだけですよ、プレーしていい場所はここだけですよ、というのが厳格に決められている。

だけどあまりにそのルールが古すぎて、今の時代に合っていないから問題なのだが、しかしそういうスポーツだっていくらでもあるはずだ。

野球の試合で、打球をドローンにキャッチさせてはいけない、というルールはないだろうし、投手のフォームを瞬時にAIで分析してコースを予測するメガネを捕手が装着してはいけない、というルールもないだろう。

じゃあなんでみんなそういうことをしないのかといえば、それじゃゲームとしてつまらないからである。

みんなができるだけルールを守って、そのルールの中でプレーするから盛り上がるし、参加する選手たちも真剣に取り組める。

選挙についても同じことが言えるんじゃないだろうか。候補者だけでなく、周りが関心を持って見守っていれば、ズルをする人の数も減るように思う。

まあそれにしても選挙のルールはあまりにも古すぎるから見直さないといけないと思うけれども。

 

 

それで、またサラリーマンの話に戻るけれども、最近のサラリーマンの世界は、これまでのルールのほころびを見つけ、これをビジネスチャンスに変えなきゃいけないという強迫観念で頭がいっぱいになる「ハック病」が蔓延しているような気がする。

何を隠そう、ぼく自身がこのハック病に感染していて、この病気の問題点は、今自分がいる環境というものを信用できないことだ。

いつこの仕事がなくなるかわからない、いつこの生活がなくなるかわからない、という不安の中で暮らしているので、なんとか生き残る方法を探さなきゃということで頭がいっぱいで、目の前の試合にすべての力を集中させることが難しいのだ。

おそらくぼくに必要なのは、あなたが今やっていることはとても大事なことです、とか、安心してその取り組みに集中していいんですよ、

とか言ってもらえることなんだろう。

ひょっとしたら、それは今までは、勤めている会社や、あるいは社会に求めていたものだったのかもしれない。

だけど、そういう自分以外の何かを信じきっていればいい時間は過ぎ去った。

かといって、自分の信じることだけを頼りに生きていくのもそれはそれで大変なことだ。

 

ぼくに言えることは、そのあいだの、宙ぶらりんな状態にしばらく耐えながら生きていくことが、今できることなんじゃないかな、ということぐらいだ。

 

 

試合は終わっても、人生は続く。

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会に潜伏しています。






シロクマ先生(id:p_shirokuma)の新著『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』を読ませていただいた。



文章の色んなところから、シロクマ先生の強い覚悟を感じ、なんとなくずっと背筋を伸ばしたままで読み終えた。

シロクマ先生は本書の中で、この国の「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」のあり方について疑問を投げかけるだけでなく、精神科医としてのご自身の立場に対してさえも疑いのまなざしを向けている。
たとえば、こんな感じだ。

資本主義・個人主義・社会契約が徹底していく社会、どこまでも清潔で健康で道徳的になりゆく社会、秩序と社会適応の同心円へあらゆる人を包み込む社会から逃れることは困難になった。家庭でも、学校でも、職場でも、マスメディアやインターネットでも、それらを大前提とした通念や習慣に私たちは曝され、それを内面化していく。そのことは医療や福祉の現場でも変わらない。この点では、医療や福祉は秩序に対するオルタナティブではなく、むしろ診断や治療やマネジメントをとおして私たちを秩序の同心円のどこかへ再配置し、資本主義・個人主義・社会契約が徹底していく社会のほうへと私たちを招き寄せ、絡めとっていく側である。

特に、「発達障害」という概念が浸透してしまった社会では、精神医療は人々を「発達障害」だと診断し、治療し、社会のなかに「再配置」することで、社会の不自由さを強固にすることに加担してしまっているのではないか、とシロクマ先生は疑問を持つ。

ご自身の矛盾について、逃げずに立ち向かおうとしているわけである。

すごい覚悟だ。

ぼくの中にも矛盾した二人の人間がいる。

一人は、サラリーマンとして仕事をして、子どもの親として育児に取り組み、なんとか普通の人間のような顔をして、世間体を保っているつもりになっているぼく。
彼が暮らそうとしているのは間違いなく「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」だ。
彼はかなり無理をして、できるだけ勤勉であろうとし、年を取っても「成長」をあきらめようとしない。
あるいは、あきらめていないというフリをしようと努力する。

一方で、たいして重要でもない事柄をブログに書き、一円の足しにもならないようなバカなことばかりを妄想しているぼく。
彼の生きている世界は効果効率といった言葉とは無縁で、いつも無駄なことへの関心で頭の中がいっぱいだ。
彼は、おそらくそのままでは「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」では生きていくことができない。
だからこうやってインターネットでどうでもいいことをつぶやくのだが、今やそれすら不特定多数の目で監視され、うっかり余計なことを書けばすぐに炎上し、みんなが守っている社会の秩序を乱す者として、制裁を食らうことになる。

そして厄介なことに、この二人の人間は、きれいに切り離せるものではなく、同じ部分を共有しながら生きているのである。

たとえば、ぼくが仕事で使っている、色んな視点から物事を見る技術は、「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」で生きているだけでは身につかない。
日々どうでもいいことを妄想し、くだらない思い込みから失敗をして、人生経験の引き出しを増やし続けているおかげだったりする。

一方で、ヒイヒイ言いながらなんとか最低水準の「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」にしがみつこうともがいているからこそ、こんなぼくの話でも誰かに聞いてもらえる。
育児って大変ですよね、家事って難しいですよねと、なんとかまともな人間のふりをして、次の仕事を取り付けることができていたりする。

二人で一人の、すごく不完全な存在なのだ。

シロクマ先生は本書の中で「オルタナティブ」という言葉を何度も使っている。

難しくてよくわからなかったので少し調べてみると、代替とか、今の主流のものに代わる何か、といったことを指すようだ。

今の世の中に「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会」以外の、何か代わりになるものがあるだろうか。
シロクマ先生は、こう願う。

通念や習慣に従いつつ、心の中で舌を出していても本当は良いはずである。たとえば芥川龍之介は「最も賢い処世術は社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである」と記しているが、そのような態度は通念や習慣に呑み込まれないためにあって構わないものではないかと思う。現代の秩序に引っかかりどころのある人が、引っかかりどころのあるまま生き、心のなかで舌を出していてもかまわない社会であって欲しい。秩序への盲従を強いるような社会ではあって欲しくない。

こういった態度をとるには、とても高等な技術と、並々ならぬ忍耐力を必要とするかもしれない。
自分の中に相反する二人の人間を住まわせて、お互いを少しずつ遠慮させながら、だましだまし暮らすのはなかなか困難な取り組みだ。

それでもぼくはこの矛盾を大切にしたい。

矛盾があるからこそ、次のアイデアは生まれる。
矛盾があるからこそ、それが一時的にせよ、解消された時の喜びはたまらない。
矛盾があるからこそ、生きている、というのは言い過ぎだろうか。

心の中のモヤモヤとした矛盾と向き合い、早く楽になろうと急がず、じっくりと悩み、付き合うこと。
それが、今ぼくができることのような気がする。

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

  • 作者:熊代 亨
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)