あせらない、あきらめない。

 

 

 

 

もう10年近く前、関心を持ったことがあって、細々と実験をしていて、まあなかなかうまくいかなかった。

 

 

 

それでもあきらめずに続けていたら、と思うことが時々ある。

じゃあなんであきらめたのか、というと、まあ色々と理由はあるけど、結局は不安に負けたのだと思う。

こんなことを続けていて本当にうまくいくのか、会社から評価されるのか、給料は増えるのか、未来はあるのか、いくつもの不安があって、それを乗り越えられず、色んなことを言い訳にして、逃げてしまったのだと思う。

 

一方で、同じような取り組みをあきらめずに続けてきた人たちは、素晴らしい成果を上げている。

そこにはあきらめずにすんだ色んな理由があるだろうけど、とにかく、彼らはあきらめなかったのだ。

 

世の中はさらに変化するスピードを増し、今日学んだことが翌年には陳腐化し、次の年には何を遅れたことを言ってるの、となる。

それはたしかだ。

だけど、本当に大事なことはそんなに簡単に消えない。

何かに強烈に心を打たれ、それが自分のこれからやるべきことだと思えたなら、周りがどう評価しようと、未来が見えなかろうと、やっぱりあきらめないほうがいいのだ。

あせらずに、何年かかっても、ちょっとずつ前進し、これまで見えなかった景色が広がってくるまでは、孤独と不安の中をもがき続たほうがいいのだ。

 

いまも数年間追いかけ続けていることがあって、だけどすぐに不安でいっぱいになってあきらめそうになる。

もうこんな年で何やってんだとも思う。

でもまあ、あの頃に学んだ、あきらめの悪さの大切さ、それだけがぼくの道標だ。

あせらず、あきらめず、しがみついていきたい。

 

 

 

命の時間には限りがある。

不安にいちいちおびえているヒマなんてないのだ。

ぼくらはみんな、ビョーキである。

 

 

 

 

シロクマ先生が、今の社会はみんなが軽躁状態であることを強いられているのじゃないだろうか、という記事を書かれていた。

ヒカキンを眺めていたら軽躁だらけの社会が恐くなった - シロクマの屑籠

 

 

 

考えてみると、ぼくはほとんど毎日何人もの人の前で自分の考えを話したり、相手の考えを聞き出したり、あるいは人と人が考えを表明しあうための手伝いをしていて、そのあいだじゅう軽い躁状態にある。

むしろそういう状態が楽しい、ということを広める立場を取っているように思う。

実際は、新しいアイデアが生まれる瞬間というのは実はすごく個人的で、密やかなものであって、いつもハイテンションでいる必要はない。

ただ、一定の機嫌のよさやワクワクとした空気があったほうが良いので、やっぱりちょっとテンションは高くなってしまう。

じゃあ、いつもそんな感じかというと、仕事がないときは割と静かにしているし、黙ってずっと作業をしているときも多い。

ぼくは基本的には、いつもハイテンションでいたら疲れてしまう人間なのだ。

そして、まあほとんどの人がそうなのじゃないだろうか。

 

ハイテンションと軽躁状態はきっと厳密には指すものが違うように思うが、いずれにしたってぼくらは社会において、活発に発言をし、派手なリアクションをし、他人の注意を引き、何かを(それは商品やサービスとは限らない)売りつけなければならない、というマーケティングの呪いみたいのものをかけられていて、それをビョーキと言ってしまうなら、まあなるほどビョーキと言えるのじゃないだろうか。

あるいは、売りつけたあとに相手との関係性をこじらせることなく良好に保たなきゃいけない、と思いこんで、夜な夜な飲み会を開き続けている人々も、やっぱりマーケティング病にかかっている。

あるいは、そういうやり方は好きじゃないから、と斜に構え、本当に自分に関心を持ってくれる人だけを大事にする、と言っている人も、「そういうやり方じゃないマーケティング」の病にかかっているだけである。

誰もが、自分という資源を使って他人の注意を引きつけ、何かを売りつけ、なんらかの方法でその関係性をつなぎとめ、定期的に利益を回収し続けなければいけない、という概念に従って、自分の頭と体を改造し続けているのだ。

 

じゃあ、こんな全員がビョーキになっている状態の中で、いったい何が正常なのか、異常なのか、あるいは健康とは何なのか、これはなかなか難しい。

こういったビョーキの、とある一面だけが変に突出したり、どう頑張っても別のビョーキな行動へと推移できなくなったりする、そういう状態が続いていくと本当のビョーキ認定されるということなのだろうか。

じゃあ、やたらとおしゃべりが上手だけど、なかなか商品が売れない営業マンには真のビョーキ認定が必要なのだろうか。

真のビョーキと認定された人と、そうじゃない人のあいだに、そこまで大きな違いがあるだろうか。

ぼくは、そこにはほとんど差はないと思う。

誰もがビョーキであり、その程度の違いがその人の個性を作っているだけだ。

だからあまり躍起になって、誰それは病んでるとか、誰それはまともだとか、考えていたってしかたがない。

 

それよりも、みんながビョーキでいる中で、ちょっとでも機嫌よくいる方法を試し続けるほうが、ずっとマシなのじゃないだろうか。

 

どっちにしたってぼくらは生きているあいだは色んな病と寄り添いながら暮らしていくしかないんだから。

11年間、子どもを保育園に送り続けて。

 

 

 

 

朝、子どもを保育園に送りはじめて、もうすぐ11年になる。

 

 

 

上の子が卒園したあとすぐに下の子も通いはじめたから、ほとんど途切れなしだ。

ようやく今年で下の子も卒園で、しかし妙に長かったなと数えてみたら、本当に長かった。

ぼくの社会人人生の半分近くの期間だ。

 

でも、もう11年になるというのに、朝保育園に子どもを送ってから仕事に行く、という生活にはいまだに慣れない。

早朝の仕事はできるだけ断るようにしているけど、なかなかそう簡単にいかず妻にあわてて代わりを頼まないといけないことがあるし、月曜日に限って雨の日が多くて(統計的にどうなのかは関係ない)布団の入った袋を抱えながら子どもが車にひかれないように目を配らないといけなくて、出社したときにはカバンも服もびしょびしょになっている。

あるいはプレゼンの前日に徹夜して、帰宅してシャワーを浴びたらそのまま保育園に向かい、着いてから水筒やら着替えやらを持っていくのを忘れたことに気づいて必死に取りに帰る、なんてことはしょっちゅうだ。

 

この精神修行のような11年間を過ごしている中で、色んな変化があったように思う。

世の中では父親が育児に関わることがどんどん当たり前になっていった。

12年近く前、上の子が生まれた頃、ぼくは仕事の中で、自分が父親になっていく体験をもとにした企画に取り組んでいたのだが、その時の周囲の反応は、父親が育児について考える視点は新しいよね、とか、オレにはよくわからんが独自性がある、とかいう感じだった。

朝の保育園でもぼく以外の父親を見かけることはそれほど多くなかったので、バタバタしている中でも父親同士は顔見知りになり、けっこう言葉を交わしていた。

今は送りにやってくる父親が増え、父親だけでなく家族同士で活発にコミュニケーションを取っている人たちも多く、ずいぶん様子が変わったなあと思う。

会社でも、今日はお迎えなので帰ります、と宣言する男性も増え、すごく寛容になったと感じる。

子どもを生んだ女性が職場復帰することがすごく増えたし、産休や育休でメンバーがしばらくいなくなることが判明した場合の周囲のうろたえ方も、今までよりはおだやかになったと思う。

突然の異動や退職と違ってあらかじめ準備ができることがわかってきたのだろう。

あとは採用面接で男性にこの会社は育休はちゃんと取れますか、と質問されたりもするようになった。

すごい変わりようだ。

ぼく自身もこの11年で変わった。

せっかく大事な時間と労力の一部を子育てに費やしてきたのだから、この世界は自分がいなくなったあとも続いてほしいなとは思うようになった。

 

あと、精神修行といえば、保育園の送りがなければもっと仕事に集中できたかもしれない、という思いはある。

もっと気軽に出張したり、早朝に勉強したりして、自分の強みを伸ばす機会が作れたかもしれない。

だけどまあ、ぼくは基本的にぐうたらなので、保育園の送りをしなくてよければそのぶんだけダラダラして無駄に時間を過ごしていたようにも思う。

子育てを通して気づいたのは、時間は有限で、やりたいことは無限で、だからこそ今しかできないことをビビらず、遠慮なくやっていこう、ということだ。

どうせ朝の時間は有効に使えない、土日も使えない、だったら何か未来のためにじっくりと努力することなんてやめて、目の前の現実に正面からぶつかって、何かを変えられないか色々もがいていこう、という構えになってきた。

 

まあ、あんまりかっこいい態度ではない。

いい年こいたおっさんが無様にあがいて、たくさん失敗して、ヒーヒー言ってるのはまったくもって恥ずかしい。

誰からも尊敬されない。

そういうのは若い人がやるべきことじゃないかという不安もある。

だけどまあそれでも別にいいかな、とも思ってて、少なくとも子育てという意味ではちょっとは社会に貢献しているのだから、あとの時間は自由にやらせてよ、と開き直ったりしている。

 

でも言っておくと、子育ては楽しい。

何が楽しいかといったら、いつも何か問題が発生するところだ。

物事がスムーズに行くことなんてない。

もしスムーズだとしたら、そこには何か隠れたトラブルが発生している。

そんな風に思っておかないといざというときに困る。

だけど、ああどうしようと困ったことも含めて、振り返ると全部楽しい。

もちろん、まだまだ振り返っている余裕なんてないけれども。

 

ぼくは救いようなく自分が好きで、自分のことばかり考えている人間だ。

いつも部下や仲間のことに気を配っている人を、ウソつけこの偽善野郎、と思っている。

そんなぼくでも見返りなしに人の役に立ち、人の成長を素直に喜べる。

それがぼくにとっての子育てだと思う。

 

まあ、早く解放されて、また自由の身に戻りたいとも思うけれども、そうなったときに振り返って楽しかったなあと思える程度にはやっていこうと思う。

 

11年は意外とあっという間だったし。