読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルイズ、ベスト。


生きていると悩みのオンパレードだ。



今日のスケジュールはこれで、こんな問題に取り組まなきゃいけない、明日はこんな会議が控えている、そもそも我が社の課題はこれで、それを解決しようと思うとまずは新規顧客をこれだけ獲得しなきゃいけない、そのためにはこれとこれとこれを動かさなきゃいけない、そうなるとまずはこの人とこの人に声をかけなきゃいけない、いやちょっと待て、そればかりやってちゃ困る、既存の得意先をおろそかにしていたら事業が足元から崩壊するぞ、さあ今すぐ挨拶に行こう、いやちょっと待て、その前にこの間助けてくれた人から頼まれていることがあった、あれを先に片付けてしまわなきゃいけない、だけどそろそろ帰宅しなきゃ子供を風呂に入れられないぞ、一度風呂に入れて寝かしつけてから作業をしよう、しまったそのまま寝てしまった、さあどうする、とにかく残された時間でやるしかないぞ、だがこんな生活繰り返していたらいつになれば自分のやりたいことができるのか、そもそもやりたいことってなんだったっけ、困った、自分が自分でわからない、もう不惑というのになんとひどい状況だ・・・

しかしまあ、ぼくはそういう悩みだらけの毎日を送り、このところ色んな失敗を繰り返しているうちに、急に気づいた。

悩んだってしかたないのだ。

もちろん、ぼくがあれこれ悩んでいることは、どれも無視できないことだし、取り組んでいかなきゃいけないことだ。

だけど、それに対してぼくができることは限られていて、そのできることをやる、それしかできることはない。

中途半端に「自分はもっと色んなことができる」と思ってしまうから、悩んでしまうのだ。

そりゃまあ、いくつになっても、あきらめちゃいけないことはあるし、人前で「できない」と言うのはとても難しいことである。

しかし思いきって、最近は言ってしまう。

「できません。」

だけど、実はこういう人が世の中にはいて、そういう人ならこれに対処することができるかもしれないから連絡をとってにみるのもいいかもしれない、あるいは、こんな方法ならば解決できるかもしれないけど、それにはこのあたりから手をつける必要がある、どうしてもやりたいなら、この辺からはじめていくことなら「できる」。

そうやって、「できない」ことの中のわずかに「できる」ことを見つけて、それを取り組んでいくことにしている。

悩みというのは、達成できない欲望だ。

生きていればいくらでも欲望は増えていく。

それに対してぼくらができることは2つしかない。

その欲望を遠回りでもいいから、少しずつ満たしていくこと。

あるいはそれをすっかりあきらめてしまうこと。

最近はそんな風にシンプルに考えている。

どうせ生きてるあいだにすべての欲望が満たされることなんてないのだ。

ならば、満たされない欲望が数多くあるという事実に対してあまり難しく悩んでも、しかたがない。

報酬を、与える。


以前も書いたことだけれど、何かひどく大変なことをやりとげたからそれに見合う対価が得られるとか、これだけやったんだから何をしてもよいとか、そういう考え方は、他人とのやりとりの中では役立つこともあるが、自分自身に対しては役に立たないどころか、なんでこんなに頑張ってるのにオレは報われないんだという気持ちを育てるだけなので、まあ害にしかならない。

ぼくの理想としてはその日に取り組んだことはその日によくやったと自分で自分を労ってチャラにしてしまうことであり、もっといえば何か大変なことや面倒なことに取り組んだ瞬間にその人はこれまでの自分を越える偉大な挑戦をやりとげたわけで、その一瞬一瞬を自分で賞賛してあげればいいのである。

しかし人間というのはどこまでも貪欲で、もっとほめてほしい、もっと癒してほしいと際限なく求め、それが与えられなかったときに「自分は裏切られた」「誰も評価してくれない」と憤り、勝手にやる気を失うわけだ。

そういうことが続いておかしな具合になった体験をふまえると、まあできるだけ自分の行動には自分で意志を持ち、うまくいってもいかなくても、いやあよくやったなと自分をほめてやるのが一番楽で、それじゃあ足りなさそうだと思えることは、はじめからやらない、しかしどうしてもやらなければいけないときは、はっきりと決めておきたい、これは誰かにやらされているのではなく、自分でやっていることだと。

そうでないことは、やらない。

自分の人生を人のせいにして生きるのはぼくには耐えられない。

男らしくない、男。



女性向けの商品に関わる仕事をしていたことがあった。



とても楽しい仕事だったのだけど、異動があって、担当を外れた。

それでぼくの代わりに別の男性2人が担当になったら、得意先からクレームがあったらしい。

「なんで急に男の人ばっかりが担当になったんですか!」

どうもぼくは男として数えられていなかったようだ。

昔からどうも言動がなよなよしてるらしく、新入社員時代にも女性の先輩から「女っぽくて気持ちわるい」とかカゲで言われてた。

そりゃあ、男らしい男には憧れるが、無理なものは無理なので、しかたない。

若い頃はそれでも男らしくなりたいと体を鍛えたり、わざと低い声を出してみたり、なるべく笑わないようにしてみたりしたが、そんな表面的な話ではないのだろう。

最近は、むしろ男らしくないことが役に立つ場面もあるし、まあ「男らしさ」なんてなくても、それなりに楽しく暮らしている。


男らしさだけじゃなく、「らしさ」にとらわれて、本当の自分「らしさ」を発揮できない場面というのは色々とある。

あなたがリーダーですよ、と言われると勝手に自分の中のリーダー「らしさ」を気にしすぎて空回りして失敗したり、家族に対して変に父親「らしさ」を出そうとして無理したせいでイライラしたり、とかく「らしさ」なんてものを意識してうまくいった経験はほとんどない。

自分が思う「らしさ」が、実はよそから借りてきた単なる空想にすぎないからである。

リーダーとは強い統率力と素早い判断力を持ちみんなから尊敬されるものである、なんてのは状況によってはまったく通用しない。

父親だって、夫だって、なんだってそうだ。

その人なりの答えが本当はあって、それを見つけ出すためにみんな四苦八苦してるわけである。


最近はようやくそういう当たり前のことに気づきはじめて、別に男らしくなくてもいいや、貫禄なんかなくてもいいや、できることを自由にやろう、と思う。


しかし、いまだに、いかにも思慮深そうな顔をして「そういうふるまいは◯◯らしくない」と忠告してくる人がいる。

まあはっきり言って、こういう話に耳を傾ける必要はない。


人生は短い。


他人が勝手に決めた「らしさ」なんかにとらわれて生きるような時間なんて、もう残されてないのだから。