うれしかったこと、救われたこと。




さまざまなおもしろい業界に関わることがあり、そこにいる人たちに影響を受けて考えが変わることが多い。



そうしないと生きていけないから仕方なく染まる、という面も大きいと思う。

その場その場に影響を受けながら変わっていくのが人間なのかもしれない。

だが、そんな中で、特別うれしかったことや、救いとなった経験というのが、それなりに年齢を重ねた人なら、誰でもひとつはあるのじゃないだろうか。

小さい頃に人形に服を作って着せているのをほめられたのがうれしくてデザイナーになった人がいる。

職を失って公園でぼんやりとしていたときに政治家の演説を聞いて政治の世界に踏み出した人がいる。

孤独の中、文章を書くことで自分の言葉を取り戻し、小説家になった人がいる。

そんな極端な話ではなくても、何かちょっとしたきっかけが、ぼくらのちょっとした一歩、しかしこれまでの自分だったら選ばなかったような新しい一歩を後押しして、そうやって人生は作られていく。

人生というのは、そんな良い話ばかりじゃないと言う人もいるだろう。

常に現実を見て、状況を冷静に把握し、優先順位をつけて、感情に振り回されずに的確に行動するべきだと言う人もいるだろう。

いっときの興奮などで人生をめちゃめちゃにせず、堅実に生きるべきだと言う人もいるだろう。

しかし忘れちゃいけない、そう言う人たちの誰もが人間であり、非合理で不明瞭な決断を下していることがあるのだということを。

ぼくらは機械ではなく、不安定で未完成な感情を持った生き物なのだ。

だからぼくはもっと自分の声をちゃんと聞かなきゃと思う。

勇気を出してやってみたら、思わぬ人からほめられて、うれしかったこと。

地獄のような日々の中で、一筋の光に出会って救われたこと。

そこで感じたことが、ぼくの今とこれからを作っている。

そうやってぼくが踏み出した一歩は、いつかまた誰かの一歩につながるだろう。

理想になれなくても、肥やしになればいい。

そうやって、ぼくがうれしかったこと、救われたことが、ぼくの手から離れ、誰かの力になる日まで。

ぼくは自分の夢にいつまでも、みっともないほど執着していよう。

いつかやってくる、その終わりの日まで。

副業を持つのか、本業でがんばるのか。




ぼくの周りには、何人か「副業」を持っている人がいる。



そういう人たちは、本業も決して手を抜いているわけではない。

手を抜いているわけではないが、しかし全力を尽くしているわけでもない。

ある人に、副業でうまくいくコツは何かと聞いたら、本業を面白いと思わないことだと教えてくれた。

これは割と真実だと思う。


本業も、副業も、どちらも最高!というような状況はなかなか作りにくいのだろう。

なぜなら人間は一度にいくつものできごとに執着しにくい生き物のように思えるからだ。

執着というのは、ちょっとした興味とか好奇心とか、そういうものとは全く別のもの、あるいは真逆のものだ。

マラソンに興味があるんだよねとか、陶芸に関心があってさとか、そういう前向きなエネルギーではなく、そのつもりはなくてもついそのことについて考えてしまう、気がつくとそればっかりやってしまっている、そういう状態を指す。

ぼくが見ている限りでは、副業がうまくいっている人も、本業がうまくいっている人も、どっちもその仕事に異常に執着していて、そのことばかりを考えているのである。


副業も本業も、いずれも「業」である。

「ごう」と読めば、不合理であることがわかっているのについやってしまう行為となる。

いくら合理的であることにこだわっていても、効率を追求していても、そのこと自体にとらわれている限りは、それは「ごう」なのである。

それでも、ぼくらが自分のやっていることに夢中になりたければ、「ぎょう」ではなく「ごう」を選ぶべきなのだろう。


さて、ぼく自身はどうなのかなと思うと、創造性、というずっと執着しているテーマがあるのだけれど、それは本業とか副業とかの区別があまりなくて、極端に言えば何をしてようと、どこにいようと関係ない。

関係ないからいつもモヤモヤしてるんだろなあと思ったし、しかしそれが自分の「ごう」なのだと思うと、意外と気持ちが軽くなる。


ぼくらはどうせ、何かから逃れられない運命にあるのだとしたら、それを自分の原動力だと受け入れて、精一杯楽しむほうがかしこいように思った。



以上は、この記事を読んで思ったこと。

ライターのヨッピーさんに「会社員やりながら“生産する趣味”を持つのが最強」という話を聞いてきた

やらないことを、増やしていく。





ここのところ、すごい人たちに出会う回数があまりに多く、自分のできることなんて本当にかぎられているなあと思うことばかりだった。



ただ、ぼくが感じた「すごい人たち」というのはみんな共通していることがあって、彼らはいつも何か具体的なことを目的として持っていて、それを果たすために全力を尽くしている。

ぼんやりと人の役に立ちたいとか面白いことがしたいとか世界平和に貢献したいとか、まあそういうことも最終的には考えているのだろうけれども、当面やると決めていることがあって、それはこのイベントを成功させるんだとかこの作品を完成させるんだとかこの交渉を成立させるんだとか、とても具体的で、かついい感じに困難で、しかしいい感じに達成できそうな、いい頃合いの標的を持っているのである。

で、それを達成するために何をやればいいかを一日中考えていて、夜中に急に大事なことを思いついて動き始めたり、もう納品は終わっているのにやっぱり修正したいとか言い出したり、周りがもう絶賛しているのにまだまだ途中段階だとか思っている。

さて、この人たちは本当に「すごい人たち」だのだろうか。

たぶん、ちがう。

彼らは自分のやっていることに対する執着心が異常に強いだけなのだ。

もっといえば、自分がぎりぎり達成できそうな、いい感じに執着できるものを見つけることに長けているのだ。

簡単すぎればつまらないし、難しすぎればどこから手をつけていいかわからない、ちょうどいい感じの頃合いを知っているように見える。

あるいは、あまりに簡単なものしか手元にない場合は、その高さをちょっとずらして、手ごたえのあるテーマに変えてしまったりする。

そうやって、彼らはいつも何かの目的を果たすことにこだわり、これはどうだ、これならどうだ、これがだめならこっちでどうだ、とずっと躍起になって取り組み続けているのである。



さて自分はどうかといえば、多少は執着していることもあるけれど、こっちの話もいいな、あっちの話も面白いな、などと気が多くて、まあ気晴らしはうまくできているのかもしれないけれど、そのせいで自分が心から納得できるような成果を挙げられていないように思う。

ぼくはもうこの年なので「すごい人たち」の一員になりたいとも思わないけれども、しかし年を取っているぶん、もっと自分の欲望の声を素直に聞いて、そいつがちゃんと成就されるようにしてやらなきゃな、と思う。

で、そのためには、やらないことを増やしていくことが大事なんじゃないかな、と思っている。

生きていると、どんどん、あれもやっておいたほうがいいんじゃないか、これもやらなきゃいけないんじゃないかと気になることばかりが増えてくるけれど、本当に自分がやりたい(それはやりたい、でもやらなければいけない、でもこの際どっちでもいい)ことだけに照準を当てて、他のことを思い切ってあきらめる。

そうしたほうが、色々なことがスッキリするんじゃないかなあという気がしている。



スッキリという表現があっているのかどうか、よくわからないけれども。