読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

おつかれさまですなんてメールに書くのは、やめなさい。

中田課長



おつかれさまです。

大変僭越ながら申し上げます。

空想の世界では魔よけのお札みたいに持ってるだけでありがたいものがたくさんありますが、残念ながら現実世界のコミュニケーションにおいてはそんなものはどこにもありません。

メールにおつかれさまですと書いておけばなんとなく気を使った感じになるだろうと思っている人がたくさんいるせいで、今日もなんの意味もない大量のおつかれさまですが生まれては読まれもせずに消えていくのです。

それだけではありません。

朝はまだ出社したばかりでつかれてもいないのにおつかれさまですと書き、昼はコンビニのおにぎりに向かっておつかれさまですと手を合わせ、夕刻になって今度は本当につかれてきた頃に、すみませんちょっと込み入った話がありましてねと、そこはおつかれさまですじゃねえのかよ。

まったく何の役にも立たないおつかれさまですを書いてるヒマがあったら書き出しをちょっと工夫したほうがいい。

中田課長

お喜びください。

本日の得意先とのミーティングですが、
無事に完了いたしました。

とか

中田課長

実はですね。

本日の得意先とのミーティングですが、
現在の内容で問題ないということを双方にて確認いたしまして、
無事に終了いたしました。

とか

中田課長

知ってた?

今日の得意先とのミーティング、
ただの確認作業だけで何も前に進まんかったわ

こういう時間のムダみたいな作業はほんまに必要と思う自分?

とか

本当に伝えたいことだけ書いたほうがええんちゃうの。

多少のマナーがどうとか常識がどうとかそんなことでキレてくる人なんか相手にせんでええよ。

そんな人はほんまにあんたのことを必要としてない、ただエラそうにしたいだけやから。

人生は有限やでえ。

エラそうにしたいだけの人にエラそうにされるためだけに自分の時間を使うなんてもったいないだけやろ。

ま、エラそうにされるのが気持ちよくてたまんねえってやつは好きにしたらいいけど、俺はゴメンだね。

俺の時間は俺のための時間だ。

それを何に使うかなんて他人には決められたくないね。

ただな、ひとつだけ大事なことがあってさ。

残念ながら、他人のために使う時間にしか、そいつが生きてる価値ってのはないんだよな。

だからよくよく考えて、てめえのその大事な時間をさ、誰のために使うかは考えろよな。

おい。

おい中田。

しっかりやれよ。

てめえの、心のこもってない、どうでもいい気づかいのありそうでまったくない言葉なんていらねんだよ。

それより動けよ。

そうだな、まずは俺のために動いてみろよ。

俺が何をしたら喜ぶか考えて、動いてみろよ。

中田。

しっかりやれ。

動け。

動いてヘトヘトになれよ。

その時に俺はお前にはじめて、心をこめて言ってやるよ。

おつかれさまですってな。