読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

感想を、ブログでほしいです。






ご迷惑をかけました

このエントリを読みました。

忌憚のない感想、ありがとうございます。

今から参加される方は、感想グループができた経緯をご存知ないでしょうから、そんな風に見えることもあるのかと、まあまあショックを受けました。

気分を悪くされた方、ごめんなさい。
僕だって、知らないおっさんの取り巻きとか言われたら本当に気分悪いです。

なぜ謝るかというと、さっきそういう視点で前回の自分のエントリを読み直したら、そんな解釈もできるかもしれないような物言いを、僕がしていたと感じたからです。

僕は何にもしてません。

実際は、それぞれの人がそれぞれの思いをのせたエントリをそれぞれのペースで書いていて、それにたまたま感想グループのタグが付けられているだけなんです。


感想グループができた経緯

このグループは、たまたま僕が作成者になっただけで、それ以前からの色んなブロガーのバトンがつながった結果のもの。

そして、そのもやっとした考えに興味を持ってくれた人たちが広めてくれたもの。

おまけに、まだ試験運転中です。

ブログ同士の気持ちのいいやりとりってなんだろう、っていうぼんやりしたテーマはあると思いますが、まだ何にも答えはありません。

僕自身は、せっかくのブログライフを楽しみたいので、窮屈なのはイヤだし、自由に色々試したいと思っていますが、それは僕だけの考えで、それぞれの答えがあるでしょう。

他人のブログ生活を脅かすようでは本末転倒なので、感想グループのせいで気分を害する人がいるなら辛いです。

それに、せっかくここまでバトンがつながっているのに、妙な方向に行ってしまうのは悲しいなと思います。


感想グループの感想ください


このグループは、変な集団論理に巻き込まれずに、ゆるく長く続いてほしいな、と言った人がいました。

僕もそうなってほしいなと思います。

ブックマークとは全く関係なく、あくまでブログのエントリで色んな話題について言及し合うことを大事にしたいなと思います。

そこに、他の発信手段では得られない面白さがあるんじゃないかと思います。

で、言及し合うことがすでに浸透しているのであれば、このグループタグを無理に使わなくてもいいと思います。

というのは僕の意見。

せっかくなんで、もしこの件で何か考えがあったら、感想をブログでください。

わざわざ、ください。


喜びます。