読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

面白いとは、何だろう。




人生というのはどのようにでもとらえることができるから、辛いと思えば辛い人生だし、楽しいと考えるなら楽しい人生なので、だとしたら、できるだけ面白い人生を送りたいと思っていて、しかしまあこの面白いという概念は色んなとらえ方のあるので、そういえば自分にとっての面白いとはなんだろうと思い、挙げてみる。



・子育ては辛いが面白い


・働くことも辛いが面白い


ファイヤーエムブレムは面白い


スーパーマリオは操作が苦手だしストーリーがあんまりないので面白くない


・お笑いも自分には特に不要


・その場限りで単純にゲラゲラ笑うようなものは全く面白くないが、ことあるごとに思い出してはクスクス笑えてくるできごとは面白い


・やったことのないものに挑戦するのは、そのときは地獄だが、あとで振り返ってああ面白かったなあと思うことが多い


・なかなか良いアイデアが出なくてみんなでウンウンうなっているときは面白い(これもあとからそう思うのかもしれない)


・近所の古い商店街の小さい本屋のおっさんは妙に偏った本ばかり置いていて妙に偏った音楽ばかり流していて妙に変な客ばかりやってきて面白い


・どこの地域に行っても、おっさんがグダグダしゃべっている集まりというのはだいたい面白い気がする


・そんな面白いおっさんの一人になれたらじゅうぶん面白い人生かもしれない


・今までは気にもしなかったものが、新しい世界の見方をすることでまったく違うように見えてくる瞬間はとても面白い


・単純に新しいことを学ぶのは面白い


・まったく理解できなかったことがしばらくたってから考え直したらわかるようになっていたときはすごく面白い


・こりゃもうダメだなと絶体絶命の状況になってもその状況を面白いと思えばまあ面白い


・むしろ面白い人生というのはものすごい緊張感と隣り合わせじゃないと得られないようにも思う


・面白い人生というのは、うわあこれは本当に面白いねとその面白さを誰かと共有することでより面白いものになるとも思う


・しかしじゃあみんなで面白がろう、みたいに無理に面白がっても、たいして面白いものにはならない


・面白い人生というのは、それが面白いかどうか本人が評価なんてする余裕がないぐらい切羽詰まっていたり必死だったりなりふりかまっていられなかったり興奮してたりするものなのだろう


・面白い人生というのは必死に生きてこそ成立するのではという最も面白くない話である



面白くないのが、一番面白い。