読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

パッといなくなるのが、かっこいい。



どうも、会議をしていても、お酒を飲んでいても、ダラダラと同じことばかり話して、同じ場所にいつまでも居続ける人がいるのだけど、あれはかっこ悪いからやめたほうがよろしい。


別に、どうしても長くなってしまうような大事な話があるのであれば仕方がないが、そうでないのなら、要件が終わるやいなや、パッといなくなるのが、かっこいい。


大丈夫だ。


僕がいなくなっても、誰も困りはしない。

むしろややこしいのがいなくなったと、喜ばれることのほうが多い。

妙な気づかいから解放された他の人たちは、自分たちなりのやり方を工夫して、新たな何かを生み出すことだろう。

大丈夫。

僕がいなくなっても、世界は続く。


しかし。


僕の世界は、僕がいないと困る。

だから、いつも自分が中心でいられるものを追い求め続けよう。

それは、同じ場所に居座って、だらだらと同じ話ばかりしていても、得られない。

いつも自分を好奇心でいっぱいに満たし続けることが必要だ。

そのためにはしっかりと帆を張って。

たっぷりと外の風を受けられるようにして。


冒険の旅を続けるのだ。