読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

みんなは一体、どこへゆく。





感想をブログで書いてもらえると喜ぶグループ - はてなブログ グループ

にちょっとずつ広がりが出てきた。

まあそれぞれが好き勝手に使えばいいので、
僕も勝手にこれからのことについて、考えてみる。


感想グループは、基本的には他人の感想をきっかけにして、
それぞれが思うところを深めていく。

てんでばらばらだし、それが重要なのだと思うけど、
それがどんな広がりとなっているのかを観察するのも面白いんじゃないかな、と思う。

たぶん、ぺんぎん氏のこのエントリみたいに

はてなグループは学習コミュニティとしてかなりの最高峰 - 体系立たない学びの場〜My sweet Andragogy〜(・o・)

思考をつなげて深めていく仕組みがあると本当はいいのかもしれない。

ただ、あまり複雑にしてもわかりにくいので、
僕としては、以下のようにマインドマップでまとめてみるのも面白いのではと思う。



なんか、色々なやり方はあると思うけど、
書き手にとっては、これぐらいのゆるい 感じのほうが、
自分が書きたいテーマを見つけやすい気がする。

いま自分が書いているのはこのあたりで、
このへんはまだ手つかずで、
そしてこの先にはこんなことが考えられるんじゃないか、
というヒントになるかもしれない。





さて、こういう形式で状況を整理をする場合、
問題になるのはこの地図自体を誰が書くか、ということである。

マインドマップ形式の作業をすると、
結局は、地図に落としこむ人間の裁量や意志が反映されてしまう。

この地図だって、僕の単なる思い込み以外の何物でもない。


しかし、とりあえずは、それでいいのだ。

書きたい人は書く、まとめたい人はまとめる、
それを参考にしたい人は、勝手に参考にする。

自分のペースで、自分のやりたいようにやればいい。

そういう感覚がブログには向いている。

僕の場合の方針は今のところ、たった1つ。

好奇心のおもむくまま、ということだけである。