犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

表現者にこだわるのはやめよう。








僕は長い間、表現者という仕事や立場にこだわり続けてきたが、

今は、もう自分が表現者であるかどうかに

とらわれるのはやめようと思っている。



偶然、自分が得意だったり時間をかけてきたりしたのが

言葉や映像を考える仕事であっただけで、

それが世の中に必要とされている限りは役に立ちたいし、

そうでなければ、こだわり続ける理由はない。


人間は、人の間、と書くだけあって、

どこかで他の誰かとつながっている。

僕は結局、表現を通して誰かとつながりたかったり、

誰かと誰かをつなげたかったりするだけで、

何かを作ること自体にこだわっているわけではない。




僕がこだわり続けるのは、人間だ。

それも、すぐ隣にいる人だ。

インターネットのおかげで、

僕らはたくさんの隣人と出会えるようになった。

そして、満員電車でカバンをぶつけられて

殺意を向ける相手も隣人である。

むしろ、偶然、同じ舟に乗り合わせた運命の人である。

会社でいつも顔を合わせる大嫌いな同僚も、

お互いに偶然、今日も再会できた、運命の人でしかない。

そうやって僕らは毎日、運命的な出会いを果たしながら暮らしている。

その不思議さや面白さにどっぷりと浸かりながら生きていきたい。


だから今後は表現者とかいう便利な言葉にとらわれるのはやめて、

僕の本質は、そのあたりの下世話な欲求に

あるんだと明言していきたいと思う。