読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

チャンスが、来た。









誰でもそうなんだろうけど、僕の人生は上昇と下降を繰り返してきているので

まあ、今は上昇気味だとか、落ちる傾向にあるなとか、そういうのが少しはわかるようになってきた。


そういう意味で言うと、僕は今は完全に下降中である。


これは別に悪いことでも良いことでもなくて、ただ、そういう傾向にあるというだけだ。

ついでに言うならば、人間、上昇中の時のほうが警戒が必要で、あまりにもその角度が急すぎると

色んな判断を誤ったり、あるいは、下降時のダメージが強すぎてひどいめにあったりする。


だから、ああ自分は今ゆるやかに下り坂を進んでいるなと思う程度が

現状認識としてはちょうどよかったりする(べ・・別に負け惜しみじゃないからねっっ!)。



さて、人生が下降中の時は何をすればいいか?

これは結構シンプルである。


普段とは違う生活を行うとよい。


僕の場合は、自分中心の行動を控えて、脇役にまわったほうがいい。

また、意見やアイデアを発信ばかりするのではなく、

謙虚になって人の話を聞いたり、黙々と勉強したりすればいい。

そうやって、自分の新しいペースを会得するまでは、

「非常に前向きな沈み方」をするのである。



世の中はすごく複雑で、その中で自分がコントロールできることはほんのわずかである。

だから浮いたり沈んだりするのが当たり前であって、

大切なのは、そういう自分の状況を冷静に観察して、

どこに流れていくのかを見極めることだったり、

次のタイミングが到来するまで、羽の筋肉を鍛えておくことだったりする。

そんなわけで、しばらく僕はこの絶好の機会を大事にしたいと思う(べ・・別に負け惜しみじゃないからねっっ!)。