犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

人の心の正体とは。





ひとつ告白すると、僕はクリエイティブディレクターであるにも関わらず、
ものづくりというものに、それほど情熱を抱いていない。


その先にいる人の反応や、心がどう動いていくか、そればかり見ている。



僕には決して「人を動かす」なんて大それた野望はない。
むしろ、動かされてたまるもんかと思ってる。

ただ、人の心の動きに関心があるだけだ。


どうやったら彼は怒るのか?
どうすれば彼女は笑うのか?
どんな理由で無視されるのか?


こういうことを考えるのは表現者の特権だと思っていたが、
情報革命以降、さまざまなジャンルの人々がそれに関わるようになった。

ひょっとすると今一番、人の心について深い洞察ができるのは
ケータイゲームのエンジニアかもしれない。



たぶん、今後はもっと人の心の動きについては
色々と解明され、技術によってコピーされていくだろう。


僕にはなんとなく予感みたいなものがあって、
結局、心というのは身体活動の単なる一部であり
人間は「生きるために生きる」だけの、単純な存在でしかない、
という結論が、近い将来に出る気がしてる。



これは別に悲しい話でもなんでもない。


そうであればなおさら、僕らは自分たちの命を精一杯に味わい尽くすという態度が、公認されるわけだから。


そんなわけで、僕は考え続けている。


人がとびきり上機嫌に毎日を送るにはどうしたらいいのかを。

そして、その喜びをどうやって次の世代に引き継いで、
どうやって機嫌よく死んでいくかを。