読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

嫌いな人を、好きになることはできるか?



もちろん僕には嫌いな人も、苦手な人もいる。
しかしこの狭い世の中、どうしてもそういう人を避けるわけにはいかない事態に出くわすことがある。

こういう時のために、大先輩から魔法の言葉を教えてもらった。


何も聞かずに抱きしめてやれ。


無論、物理的に不可能なことも多いので、まあ普段はあくまで心の中だけで、だ。

自分に対して辛く当たる人やシビアな人は、実は悲鳴を上げている。

助けてくれ、この状況をなんとかしてくれ、この悲しい気持ちを受け止めてくれ。

その悲鳴ごと、ギュッと抱きしめてあげたらいいそうだ。

その瞬間にだけ、あなたは相手を包容し、状況を俯瞰し、目的地を知ることができる。

赤の他人同士が乗り合わせてしまった船の船頭となる。

2人の運命を握るのは、あなたの舵取りにかかっている。

どこへ向かうのかは、あなた次第。



逆説的だが、嫌いな相手を抱きしめてあげることで、人は初めて冷静になれるし、勇敢になれるし、自由になれるのである。

これはメルヘンではなく、サバイバルスキルだと思う。