読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

ブログを書く時に、気をつけておきたいこと。

ブログ








ブログを書くのは楽しい。

ブログに限らず、絵でも写真でもダンスを踊って動画をアップするのも、同じ。
すべて表現行為というのは楽しいものである。

だけど、自戒をこめて、何かを表現をする時に
気をつけておきたいことを書こうと思う。


気をつけること、といっても、
著作権とか肖像権を侵害するようなものは載せないとか、
誰かを中傷誹謗する内容は書かないとか、
そういう詳細な注意事項ではない。


大げさに言うと、表現の副作用から、自分の人生を守るための方法である。



僕らは今、色んなメディアを利用して、さまざまな表現活動ができる。

そして表現内容やタイミングや色んな思惑の中で、
突然、自分が作ったコンテンツが強く支持されることがある。

その現象自体は、実に喜ばしいことであるし、
地道な努力をしてきた人であれば、それが報われたと感じる、本当にうれしい瞬間だ。
おまけに自分が尊敬する人物から褒められたり、多くの人から絶賛されたりすると
つい気分が良くなってしまい、周りが見えなくなる。

ここに、大きなワナがある。

心が開かれすぎてしまうのだ。

いわゆる「油断」とは、少し種類が違う。

表現というのは、少なからず自分の心の中をさらけだす行為である。
全身全霊を傾けて作り上げたものならなおさら、そうだ。

それが多くの人々に受け入られると、
相手の評価に対して大きな依存をしたり、
さらに期待に応えようとして無理をしたりしてしまう。

こうなると、表現者の心はバランスを崩しはじめる。

これまでは、自分なりのやり方とペースで発信してきたコンテンツも、
地に足がつかない、不安定なものになってしまったり、
自分の成功事例に捕らわれてしまって、ワンパターンになってしまったり、
はたまた、独りよがりの内容になってしまって、誰も理解できなくなったりする。

しかし、ここまではまだ良い。

所詮、こういうものは当たるも、外れるも、運次第。
うまくいったものも、いかなかったものも自分自身の表現なのであり、
次の肥やしにできると思えば、失敗もありがたいものだ。

まずいのは、それでも栄光にすがりつこうとしてしまう心の動きである。

これを避けるのは本当に難しい。
一度、自分自身の心の中をさらけ出し、それを受け入れてもらえた経験を捨てて、
またゼロから再出発するのは、頭ではわかっていても、心が受け入れられないことが多い。



しかし、もし、こういう状況になった時は、
無理やりにでも、このグズグズしている気持ちを、
次こそはまたうまく行くんじゃないかと期待する心と一緒に
まるごと捨てることをおすすめしたい。

そうでないと、何もかもが消耗されていく。
他の仕事や私生活にも影響が出てくる。
そして何より、より魅力的な表現を生み出す妨げになる。


これは、あくまで僕のやり方でしかないけど、
何かを表現しようとする時に大切なのは
「楽しいな、うれしいな」という、機嫌のいい状態だと思う。
油断すると、ちょっと鼻歌でもこぼれてきそうなくらいの機嫌のよさ。

アイデアというのは非常に繊細なので、
それくらい甘やかされた環境でないと
なかなかこっちにやってこない。

鬼ごっこを楽しんでいる時の気持ちに似ている。

これって、ちょっとやりすぎかな・・・とか、
こんなこと言ったらさすがにマズイかな・・・とかいう
スリルを楽しんでいるくらいのほうが
表現アイデアというものは面白くなるものだ。

しかし、前述のように心が消耗した状態だと、楽しいアイデアなど出てこない。

「面白い表現でなければならない」
「たくさんの人々に受けなければならない」
「世界を変えるような大発明でなければならない」

そういう強迫観念を持っていると、僕の場合は、
絶対といっていいほど、いい表現は思いつかない。

「~せねばらならない」という言葉は、アイデアの天敵なのだ。



さて、いい表現ができないと、メンタルをやられる。
おまけに周りからの自分の評価がどんどん下がる
(というか元に戻るだけなのだが)のが目に見えて分かる。
そして気がつくと、生活にもダメージが出ていたりする。
それがわかって自暴自棄になったり、
いやこれはオレの才能を誰も理解できないだけのだと
妙な妄想の世界にひきこもってしまったり、
いわゆる大人の非行に走ってしまったり、
まあ、症状は色々である。

とにかく、このダメージは長引くし、場合によると、
自分の人生に大きな影響を与えてしまう。

だから、もし自分が「過去の表現の成功にとらわれているな」と感じることがあれば、
とにかく、その経験を今すぐ、はるか遠くへと思い切って捨てるべきである。

何もかも捨てよとは言っていない。

一度でも、自分自身と向き合って見つけ出すことができた、自分だけの発見や、
それを他の人と分かち合えたという喜びは、良い思い出として、しっかりと覚えておけばいい。
今後、苦しい時やあきらめそうになった時に、きっと力を与えてくれるだろう。

しかし、もっと重要なことは、過去の栄光を振り返るよりも、
少しでも前に向かって歩き続けることだ。

そんなことで、今後やっていけるのだろうかって?

心配しなくても、大丈夫。

表現者にとって、一か所にとどまることは、死んでいるのと変わらないから。