犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるアイデアについて考えています

命の燃やし方。

 

 

 

結局、誰だって、死に向かって生きている。

 

どんな生き方をしようとも

命という限りのある燃料を燃やし続けることで

少しずつ残量が少なくなっていく。

 

そして僕は、燃料が減るのを恐れて

ちびちび、ちびちびとやっていたのは否めない。

 

でも、最近は幸運なことに

美しく命を燃やしている人々に

何人も出会えた。

 

生き急いでいる人という意味ではない。

一瞬一瞬を文字通り、一生懸命に生きている人たちだ。

 

そういう人たちと仕事をしていると

世の中にはつまらないことや

どうでもいいことなんてないと、強く感じる。

 

どうしても僕のような斜めにモノを見ている人間は

勝手に物事を面白いかどうかで序列をつけ

文句や愚痴ばっかり言ってしまう。

 

労働集約的な仕事を敬遠し

いかに楽して儲けるかを

考えるヤツが一番偉いのだと

とんでもない勘違いをしたりする。

 

そんな自分が恥ずかしくなる。

 

僕は自分の命を美しく燃やせているだろうか。

なんなら、美しくなくてもいい。

ぶざまな格好かもしれない。

それでも力の限り燃えようとあがいているならいい。

 

自分にだけは、負けたくないなあ。

(ウルトラの誓い/別バージョン)