読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

僕は、働き方を変えようと思う。

 

 

 

 

今日はちょっと間口の狭い話。

 

いわゆるマス広告の効果が弱まっているとか

これからはコミュニケーション全体を

設計できなきゃいけないとか

生活者の参加が必要だとか聞くけれど

そんな当たり前の話は、おそらく

20年以上前からずっと言われている。

 

その頃は、広告代理店は

メディアマージンという

ニンジンをぶらさげられて各社必死に

提案につぐ提案にあけくれていた。

 

全社一丸となって

マス広告のマージンを得るために

クライアントの意向を汲むのに必死になって

営業的な立ち回りをしないといけない

先輩クリエイターのふるまいを

僕はけっこうバカにしていた。

 

そのうち、名声と余裕のあるクリエイターは

クリエイティブエージェンシーとして出ていった。

その中には成功した人も失敗した人もいて

その様子をうかがっていた僕たちが出した結論は

ほんの一握りの人しか、そういうポジションで

仕事をすることはできない、というものだった。

 

そんな妙なあきらめと、ほんのわずかの希望を

胸に抱きながら、毎日の仕事をただひたすら

こなしているのが僕の現状だ。

 

 

だが、これからは、僕はこんな感じで

仕事をしていきたいと思っている。

 

①まず、扱うテーマや企業、商品は

自分が本当に好きかどうかで選びたい。

それが初めはお金にならなくてもいい。

自分が良いと思ったものや感動したものを

共感できる人々に伝えてゆき

ちゃんと広まれば、その時には

報酬をもらえればいい。

 

②また、広告をするにあたっては

その商品の良いところも悪いところも

どちらもちゃんと伝える。

自分の感覚だけでなく、

色んな人の辛口な意見も共有していく。

それに耐えられない題材は

きっと、そこまでのものなのだ。

 

③そして、はじめのうちは

「誰にでもわかるように伝える」

ことはあきらめようと思う。

ちょっと変わったものや

理解に時間がかかるものというのは

そんなに多くの人から

すぐに受け入れられるとは思えない。

その新しさを受け入れられる土壌を作るには

まずは、わかってくれる人にだけ届けばいい。

 

 

 

こういうことを実行すると

きっと儲からないので

色々と怒られるのだろうけれど

出世をあきらめている僕にとっては

たいしたことではない。

 

それよりも、挑戦しなかったことに対する

後悔のほうが、ずっとダメージが大きいと思うのだ。

人はいつ死ぬのかわからないのだから

できることをやっておきたいと、本当に思う。