読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

バカの使いよう。

 

 

ものすごくダメな人を知っている。

 

激しい意見の応酬があって、会議が紛糾している時に

その人は中腰になって、ソワソワ、ソワソワと

何か様子をうかがっている。

時々、何かを数えるような仕草をしながら

ブツブツと独り言をいっている。

 

そのうち誰かが気がついて

「なんだ、何か意見があるのか?」と聞くと

その人は言うのだ。

 

「あ・・・コーヒーのお砂糖が切れてしまいまして

買ってこようかどうか迷っているのですが

お砂糖をお使いになる方はいらっしゃいますか?」

 

バカヤロウ!今、そんなことどうでもいいだろが!

と上司がキレて怒鳴りつける。

するとその人は

「すすすすすすみません、では僕はお砂糖入れる派ですので

今から買ってきます」

と意味のわからない返し。

また上司が怒り狂うのを見ながら

みんな呆れたり、クスクス笑ったりしている。

 

その前は、山のふもとで撮影をしていた時。

放牧されている牛がカメラに入ってきちゃうので

演出家が「おい!あの牛、どけろ!」と怒鳴った。

すると、その人はおそるおそる牛に近づいていくと

「あの~すすすみません~今ちょっと撮影中ですので

よければ少し下がっていただきたいのですが~」と

手を合わせて頼みこみはじめた。

演出家が激怒のあまり頭を抱え出すのを見ながら

みんなクスクス笑っていた。

 

 

今日も僕はその人のことをさんざんバカにして話していた。

 

すると、先輩が言った。

 

「あれはね、制作の現場ではけっこう貴重な存在なんだよ」

 

そうですかね?チョンボばっかりしてますけど?と言い返すと

 

「制作の現場って、色んなトラブルが起こるだろ?

そういう時に、ああいう奴が1人いると、そいつが怒鳴りつけられる」

 

「そりゃ、ミスが多いからでしょ」

 

「それもあるけど、どれだけ気を配っていても、ミスってのは起こるんだ。

で、現場がみんな出来る奴ばかりだと、そのミスを他人に押しつけ合う。

そして空気がどんどんギスギスしていく。

で、ケンカになったり、大事故につながったりするんだよ」

 

「う~ん、それはそうかもしれませんね」

 

「そんなわけで、ああいう怒られても平気でいられる

バカっぽい人物が1人いると、全部そいつのせいにできるし

ガス抜きにもなる。しかも、いつもヘマばっかりしてるのに

なぜか憎めない。そういう人間はものすごく貴重なんだよ、

特に現場においてはね」

 

 

普通に聞くと、いじめとか人権的な問題に関わってきそうな

話にも聞こえるが、これはどんなことにも言えるかもしれない。

 

特に今の時代、みんな、自分だけは生き延びようと

必死で努力をしている。

一瞬のミスも許されない空気。

ものすごいストレスだ。

 

だからバカなことをしている人を見て

ちょっと呆れたり、笑ったりしながら

いつのまにか、ああいうことも「アリ」かもな~

という空気を作ることって大切なのかもしれない。

 

かしこい人だけじゃ、渡れない川もあるのだ。

 

そして、僕の仕事というのは

自分が率先してバカになることなのかもしれない。

 

頭の良さそうな面を下げて

人に責任を押し付けるような

本当のバカになる前に。