読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

友達はいますか?

 

 

まだアイコン反映されてないけど・・・まあいいや。

お金払ってないし。

 

というか、僕は

「こっちは金払ってるんやぞ!ちゃんと対応せんかい!」

という態度がとっても苦手である。

 

お金を払っているからといって

周りの人々が汗を流しながら走り回ってる姿を見ながら

涼しい顔でいられるハートの強さを持ち合わせていないのだ。

 

 

 

 

そんなチキンな僕なので、自分の私利私欲のためだけに

人とお付き合いをするということも、すごく苦手だった。

汚らしい、恥ずかしい行為だとすら思っていた。

 

だから、友達とよべる人間は2人だけで

彼らとも年に1、2回会えたらいいほうだった。

 

 

ところが、最近は、どういう心の動きなのか

自分の利益のためだけに、人に近づくことに

抵抗がなくなってきた。

 

「実は、以前からあなたの取り組まれているお仕事に興味がありまして

ぜひ、これをきっかけに、お付き合いさせていただきたいです」

などと平気で言ってしまう自分がいる。

 

年をとって「こすれてきた(知りあいの作家さんの口癖)」のもある。

でも、それ以上に、僕は気づいてしまったのだ。

 

相手に対して「下心がある」と伝えることは

そんなに悪いもんじゃないということ。

 

そりゃあ、売れっ子のタレントさんや

お金を持ってそうなクライアントに対して

下心たっぷりに近づいても

相手も「あ~うっとうしいな~」と思うかもしれない。

 

しかし、本当に自分が相手の取り組んでいることに

魅力を感じるなら、それを素直に伝えるのは

けっこう気持ちのいいことだったりする。

 

「あなたが必要です」って伝えることは

恋愛以外でも、ちょっとドキドキして

けっこう楽しいことだったりする。

それで受け入れられなかったら

さっさとあきらめれば、いい。

 

結局、自分が楽しいかどうか。

 

そんなわけで、最近は僕には

うわべだけの友達もけっこういる。

でも、不思議と、彼らとの友情も感じる。

 

物事は、思っていたよりも

キレイサッパリ割り切れるものでもないなあと

よく、思う。