読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬だって言いたいことがあるのだ。

ものごとをひとつ先に進めるヒントについて考えています

アレを、ナニして。



年をとったせいなのか、忙しくて睡眠時間が短くなったせいなのか、グーグルに記憶力の大部分を移管してしまったせいなのか、たぶんその全部なのだろうけれど、すぐに正確にそれを指し示す言葉や人の名前が出てこないことが増えた。



気がつくと、年をとった政治家みたいに「いわゆるアレで・・・」「その方向でナニして・・・」と言っている自分がいる。

それでも通用しているのは普段の仕事がある程度標準化されていたり、共通認識を持って進行しているからなのだろう。

全く知らない人に急に、すみませんアレについてなんですがね、その、ちょっとナニしませんか、なんて話しかけることはまずない。

そのうえ、アレとかナニとかいうのは言葉が出てこない場面だけでなく、ストレートに言うとキツく聞こえたり、あるいは説明が面倒だったりするときに便利だったりするので、余計に助長される。

すみません実は弊社の担当の人間がインフルエンザをアレして自宅でナニしてまして、もしアレでしたら来週までナニしてもらえるとありがたいです、という具合である。

そうやって便利に使っているうちに、ちゃんと言わなきゃいけないことまでナニするようになり、正確な言葉を使う意識が弱まっていく。

これは決して悪いことだけではない、という見方もあるだろう。

仕事や家事と同じようにコミュニケーションも省略していくことで物事を進めるスピードを上げたり、効率化することができる。

ナマツー、カラツー、ポテツー、エダマメワン、のようなものである。

省略していった先に待つのはその機能自体の消滅である。

生産性がどうとか投資効率がどうとかばかりが注目される世の中だから、さまざまなコミュニケーションとそこで使われている言葉が消滅するスピードはどんどんナニしていくのだろう。

そのこと自体を良いか悪いか評価するのもアレだが、大事なことは、そうやってコミュニケーションのナニが加速度的にアレしていくことだ。

たとえば敬語や丁寧語が使われなくなったり、常用漢字がどっと減ったり、おじぎをしたり優先座席をナニしたりする行為もナニしていくのかもしれない。

人の心のあり方もアレしていくかもしれない。

相手の気持ちをナニして回り道であっても丁寧に物事を進めることよりも、できるだけいろんなアレを省略して素早い問題解決をアレすることのほうが人間として素晴らしいと思われるような世の中になっていくかもしれないし、すでにナニしてしまっているかもしれない。

ひょっとするとそうやって、人間のアレと機械や人工知能のアレはどんどんナニしてゆき、そうやって両者の境はゆるやかにアレして、地球はひとつの知能生命体へとナニしていくのかもしれない。



さて、ぼくらの「人間らしさ」は一体どこへとアレしていくのだろう。



アレがナニしてナニするアレは、アレでナニなアレなのだろうか

追いつめられたときの、対処法。





一番大切なことは、自分がいまどのくらい追いつめられているのかを知ることだ。




ぼくは小さいころからお腹が弱く、いまだに電車に乗っているときに突然、危機が迫ってくることがある。

その時にはまず、自分がどの程度エマージェンシー状態なのかということを知らなければいけない。

今すぐ一番近くの駅に降りてトイレに駆け込むべきなのか、それとも終着駅までは耐えられそうなのか。

一体どちらなのかによって、満員の車両の中をなんとか出口付近まで近づいて少しでも距離を稼ぐのか、それとも括約筋に力を入れてちょっとでも耐久時間を延ばすために何か別のことに気をそらすか、どちらの対策を講じるべきかが変わってくる。

ちなみに下腹部が断続的に刺激を受けている状況下では、何か数字について考えることが有効である。

頭の中で簡単な足し算や引き算などを考えて解こうとしていると、それなりに気をそらすことができるものだ。

ただし、素数を数えるのはあまりおすすめしない。

はじめのうちはいいのだが、数字が大きくなってくると、それが素数かどうかを頭の中だけで検証できなくなってくる。

大事なのは別のことのために頭を動かし続けることなので、問題がわからなくなって思考が止まってしまうと、また下腹部に意識が向かってしまう。

ご注意いただきたい。



さて足し算を続けているうちに少し便意が和らいできたら、次にやるべきことは次の行動の順位づけをすることだ。

たいていお腹が痛くなっているときに限って、重要な打ち合わせが控えていたり、出勤時間ギリギリだったりするものだ。

このまま電車に乗り続け、トイレにも寄らなければ打ち合わせにはギリギリ間に合う、という状況ならば、一度相手と会い、断った上でトイレに行くこともできるかもしれない。

しかしそこまで耐えられる自信がないのであれば、今すぐ遅れる旨のメールを相手に送り、電車が停まるやいなやトイレに駆けこむべきである。

だが気をつけなければいけない。特に朝の駅のトイレは、ドアがどれも一切開かないことがある。

こんなにたくさんあるのになぜ誰も用を済ませて出てこないのか心から不思議に思うが、しかしこういう時に限って本当に誰も出てこないのである。

一体この朝の忙しい時間からなぜそんなにのんびりやれるのか理解に苦しむが、しかし今取り除くべきはすでにかなり下方まで移動してきている腹の苦しみのほうである。

どのトイレをターゲットにするか、ここが死活問題となる。

メジャーなトイレは混んでいるが台数は多いからすぐに空く可能性も高い。

しかし前述のとおり、ずらりとならんだ扉のどれもずっと閉まりっぱなしでまったく動きがない場合は大変だ。

めいめい苦しそうな表情を浮かべて並ぶ男たちの列から外れ、今から他のトイレをめがけてダッシュを始めるべきか、それとも暴発覚悟でギリギリまで待ち続けるのか、この判断は非常に難しい。

だからといってマイナーなトイレには、マイナーなトイレなりのリスクがある。

マイナーなトイレはマイナーなだけに収容台数が少ない傾向にあり、また到達するまでの移動距離も長いことが多い。

万が一あの開かずの扉現象に出くわしてしまえばそこでゲームオーバーだ。

そこで考えられるのが駅ビルや駅近くの商業施設だ。

ホームからの距離はやや伸びるが、駅ビルや商業施設にはフロアごとにトイレが設置されている場合も多いためリスクヘッジができるし、朝から利用している人間も駅のトイレに比べれば圧倒的に少ない。

ただし、このような戦略を選ぶことができるのは、降りる駅を自分が熟知している場合だけだということを注意しておきたい。

ほとんど降りたこともないような駅を選んだ場合は、行き当たりばったりの過酷なゲリラ戦を強いられることは覚悟しなければならない。



さあ目標が定まれば、あとは行動あるのみだ。

もう一度復習しよう。

まずは自分がどれほど追いつめられているのか、その度合いを知ること。

次にこれに対する対処法を複数挙げ、その優先順位を決めること。

優先順位を決めたら到達するべき目標を絞り込み、そこに向かって全力を尽くす。



最後に、もし最悪の事態が起きたときのことをちゃんと考えておく、ということを付け足しておく。


パンツはコンビニで手に入れることができるし、朝の10時あるいは11時以降であればたいていの服屋は空いているのでズボンを入手することもできる。

まさかの事態に備えて普段からパンツをカバンの中に常備しておくということも考えらえるだろう。



大丈夫。



人は、簡単にはやられはしないのだ。

イヤなニュースには、反応しない。




ここのところインターネットで、不快だと感じるニュースがいくつかあった。



そういうのを読むたびに、ついカッとなって脊髄反射で何か意見を書きこんでやろうかと思ってしまうのだが、その衝動をグッと我慢して、そっとブラウザを閉じるようにしていた。

カッとなって色んなことを書けば、きっとその瞬間はスッキリするのだろうし、もしその内容を他の誰かにも支持してもらえたら、それ見たことかと溜飲が下がるのかもしれない。

しかしそういうことは一瞬の出来事であり、実際はそのニュースを拡散する手助けをしているだけにすぎない。

例えば、誰かが何か過激な意見を発信していたとして、その過激な意見に抗議する形でぼくの意見を発信すれば、元の意見も同時に発信することになってしまう。

人間というのはなんでも自分の都合の良いようにとらえたくなる生き物である。

もしぼくの抗議文がどこか全然関係のない人のところにたどりついたときに、元の意見を参照して、そちらのほうが自分は賛成だとしてまた別の人に発信することだってある。

あるいは、その過激な意見に対して、ぼく自身が抗議しようが賛成しようが、何らかのコメントをした時点で、情報ネットワーク上で「反応が得られた」という処理を施され、その過激な意見が他のニュースよりも重要な情報として露出されるのを手助けしていることにもなる。

そんなわけで、ぼくは気に入らないニュースは完全に無視する。

無視する以外に方法がよくわからないのである。



そう考えると、普段はとてもおしゃべりなぼくでも「あえて無視している」領域があるくらいなので、きっと多くの人が「あえて無視している」「あえて言わないでいる」部分を持ち合わせているのだろう。

人と話すときは相手が話している内容に対して関心のほとんどが向かうけれども、実際はあえて話そうとしないことのほうが大切だったりもする。

しかしそれはたいてい、相手があえて話そうとしていないのか、それとも単純に思いつかないだけなのか、確認の仕方が難しい。

あえて話そうとしていないことをわざわざ確認するのは大変野暮だし、相手の気持ちを傷つけてしまう可能性もある。

しかしまあ、本当に何かを相手から教わりたいときは、ちゃんと確認したほうがいいのだろう。

難しいところなのだが、「相手の機嫌を損なわずに自分の知りたいことを知る」というのは、なかなか厳しい作業だ。



それで、ここがぼくのよくわからないところなのだが、結局どんな情報でもオープンで、誰にでも使えるようにしていく、というインターネットにおける考え方自体はすごいなあと思うし、今その恩恵を受けながら暮らしているわけだけれど、しかし一方で人間には他人には言いたくないことやあえて言わないでいることもあり、とかくこの人間というややこしい変数を組み込むと、なんでも情報を発信して、なんでも拡散していくことだけが望ましいわけでもないな、と思うのである。

人間は「なんでも知りたい」「なんでも意見を言いたい」「なんでも噂したい」という性質と、しかしあえて知りたくないこと、言いたくないこと、拡散したくないことを抱えているという事情の両方を持ち合わせている。

ぼくは自分のそういう状況をわかった上で、いちいち気に入らないニュースに反応したり、誰かの失敗を過剰に非難したり、評論家のように勝手に評価したりするのは気が進まない。



そんな時間があったら、ぼく自身が、自分でこれはいいニュースだと思えるものを届けられるように、できることをやっていきたい。